2006年11月08日

衝動買いしたShure E500のインプレ

Shure E500とiPod nano
Shure E500PTHに対しては、発売当初から興味津々だった。
以前のエントリのとおり、発売後すぐに試聴しに行っているのが何よりの証拠。
しかし試聴の結果、「音がイイ!」のは良く分かったが、6万円の追加投資に見合うかどうかは微妙との結論に至ったのだった。すでに1年近く使っていたE4Cの音に至極満足していたということもある。
PTHユニットが不要っぽいということもあり、いずれPTHなしの廉価版が出てから考えても遅くないだろうと思っていた。

そんな結論を出してから2ヵ月後の9月末日。
未だPTHなしのバージョンも出ていないのに、ナゼか嬉々としてE500のパッケージを開けている自分がいた。
久々に衝動買いが炸裂してしまった。

ぶっ壊れたE4C
まぁ一応購入に至った背景はある。
まず、お気に入りのE4Cが上の写真のような状態になってしまったこと(L側の根元のゴムがちぎれた)。
断線ではないので音は全く問題なかったのだが、見た目も含めて気に入っていたので、これはショックが大きかったし、装着時に気を使うため実用上の弊害も出ていた。
そしてE4Cで唯一不満だった、「ケーブルが長い!」という問題。
新しいアルミのiPod nanoに買い換えてから、キズがつきにくい気軽さからか、ポケットから取り出して操作することが多くなり、その度にケーブルの長さが気になっていたのだ。
E500はケーブルが50cm程度と短いという情報があったので、そこも魅力だなァと思い始めていた。
まぁ今思えば「ケーブルが短いから」という理由で6万円のイヤホンを買うなんて相当クレージーな発想だよなぁ。

そんな背景があったところで、9月末日にとある資格試験を受験。
前の週くらいから地獄の勉強生活が続き、受験前日は徹夜状態だったため、3時間近い試験が終わった時には異様なまでの開放感が襲ってきた。
そんな状態で池袋でメシを食うべくヨメと待ち合わせ。
デジモノ大好きなワタシは待ち時間に当然のようにビックカメラへ。
そこでE500とご対面。
開放感で気が大きくなっていてアッサリ購入・・・と、こんな感じ。
うーん、今改めて書いてみると、全然言い訳になってないなぁ。

続きを読む
posted by 196 at 03:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | MONO(モノ) はてなブックマーク - 衝動買いしたShure E500のインプレ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。