2006年11月15日

手帳を持ってみることにした

超整理手帳の3点セット
デジモノ大好きなワタシは、デジタルで出来ることはデジタルで完結させたいクチなのだが、ことスケジュール管理に関しては、デジタル管理の限界を感じつつあった。

最近は、スケジュール管理ツールとしてGoogleカレンダーを使っている。
気に入っているポイントは、携帯に事前のアラームメールを送れること。
指定した人とスケジュールの共有ができること。
更にGoogleカレンダーに登録しておくと、iCalの照会機能を使った連携で自宅のMacにも反映され、iTunes経由でiPodにも反映されること。
見た目がカラフルで分かりやすいのも良い。
そんな感じで、結構お気に入りなスケジュール管理方法ではある。

しかし、新規のスケジュールが入るのは、ミーティングなどの必ずしもPCが目の前にない場面が多いので、ダブルブッキング等を避けるためにはやはり紙ベースのスケジュール管理が必要だと思うようになってきた。
今までは紙に記録するのではなく、記憶してPCに登録するという割とデタラメなスケジュール管理だったのだが、何度かスケジュール事故を経験することになり、いつも身につけておける紙ベースでの管理が必要なのではないかという気になってきた。
紙がベースにあって、Googleカレンダーは紙を元に事後的に使うと。

いつものことながら前置きが長くなったが、そんな背景があって「手帳」を持ってみることにした。
社会人になってからの約10年間、一度もマトモに使ったことがなかったし、デジタルマンセーなワタシにしてみれば今敢えてアナログ的な方法に走るというのは、なかなかの決断だったりする。
 
続きを読む
posted by 196 at 02:15 | Comment(0) | TrackBack(1) | MONO(モノ) はてなブックマーク - 手帳を持ってみることにした


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。