2009年09月29日

Bluetoothトランスミッターを買った

BT8iP-2 BT8iP-3
HT-03A用にソニエリのBluetoothレシーバー「HBH-DS205」を買ったのは以前書いたとおり(過去記事:Bluetoothレシーバーを買った)。
しかし、音楽プレーヤーとしてHT-03Aを使うと、マルチタスクのためか音が途切れ途切れになってしまうので、結局プレーヤーとしては引続きiPod Touchを使うしかないなぁという結論に達していた。
ただ、Bluetoothレシーバーの使い勝手が非常に良かったので、これをiPod Touchでも使いたいなぁと思い始め、追加でiPod用のBluetoothトランスミッターを購入してみた。

今回買ったのは、やはりこれもSONYの「TMR-BT8iP」というもの。
実はコレ、国内未発売の商品らしいのだが、Amazonで普通に買えた。
やはりWalkmanを売らなきゃいけないSONYが、本社のある日本でiPodの周辺機器を売ったらマズいだろうということなのだろうか。そういえば未だに日本ではiTunes StoreにSONYは参入してないし、その辺はやはり相当コダワリがあるんだろう。
正直、そんなことでWalkmanを買おうと思う人がどの程度いるのかは甚だ疑問であり、むしろビジネス的には商機を逸しているだけという気もするが・・・。
まぁ普通に買えたからいいんだけど。

BT8iP-1
少し脱線したが、そんなワケでパッケージから説明書に至るまで当然日本語はなく、ALL英語である。が、そもそもiPodのドックコネクタとボタンが1個あるだけのデバイスなので、難しいことは何一つない。
普通にiPod Touchのコネクタにぶっさして、HBH-DS205(レシーバー)をペアリングモードにした後、このTMR-BT8iPのボタンを長押しするだけでペアリングは完了。
(画面等が無いのでホントに完了したのかよく分からないけど)

で、おもむろにレシーバー側の再生ボタンを押したら、何の問題もなく再生スタート。
曲の早送り・巻き戻し・音量の調整もレシーバー側からちゃんと操作可能。
なんか、あっけないほど簡単に快適環境が手に入った。
音質的にも全く問題ない感じ。
(直接イヤホンジャックから聞くよりは少し悪くなってるんだろうけど)

僕のiPod Touchは初代なので音量調節ボタンも無く、操作をするためにはホーム画面でスライドしてパスワード入れて・・・と面倒だったので、いざBluetooth環境を体験してみると、「なんでもっと早くやらなかったんだろう」と思うほど快適だ。
ということで、普通にこの組み合わせはオススメ。
まぁ両方買うと1.6万円くらいかかるから少し高いけど・・。

SONY iPod用Bluetooth トランスミッター TMR-BT8iP 【国内未発売商品】
Sony
売り上げランキング: 578
おすすめ度の平均: 4.5
4 使いご心地
4 SONY iPod用Bluetooth トランスミッター TMR-BT8iP 【国内未発売商品】
4 さらなる音質向上を!
5 やるじゃないか、SONY!
2 コンパクトだけど・・・


SONY ワイヤレスヘッドセット DS205 HBH-DS205
ソニー
売り上げランキング: 353
おすすめ度の平均: 4.0
4 付属以外のイヤフォンを使用
すると
4 ○と×
4 音もいいです
4 iPhone 3G で使用しています
4 いいです
posted by 196 at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | MONO(モノ) はてなブックマーク - Bluetoothトランスミッターを買った


nk02Mod 4.0.4 with BFSに移行

WS000156

HT-03Aの環境について、最近は「CyanogenMod 4.04」で満足していたのだが、久々にROMを入れ替えてみた。
試してみたのは「nk02Mod 4.0.4 with BFS」というもの。
基本的には「CyanogenMod 4.04」を改良したものらしく、既に安定性とかパフォーマンスについては各所で好評を博していたようだったので、一応「switchrom.sh」でバックアップを取ったが、結構安心して導入できた。
テーマは相変わらずHEROっぽいのを入れてみた。

アプリはなんか安定しないものも結構あったので、全部マーケットから入れ直したのが少々面倒だったが、その後は評判どおり極めて安定かつ高速で稼働しており、非常に快適。
ROM入れ替えももう4回や5回やってきているので、導入後の設定もサクサクっとできるようになってきた。
まぁ、基本的にどうしても必要な「Gmail」「カレンダー」「RTM」の3本柱はIDとパスワード入れるだけで立ち上がるので、ROMさえ安定していれば最低限必要な機能はすぐに使い始められるのがイイ。
設定にPCも必要ないし。
この辺がまさにAndroid+クラウドの強みだろう。

あと、アプリもmicroSDに設定を残すタイプのものは、従前の設定がそのまま使えたりするものもあって、非常にスムーズに移行できた。
面倒なのはFlickWnnのユーザー辞書とかLocaleの設定くらいかなぁ。

しばらくはROM入替えもお休み

ROM入替えによる移行が簡単なのがAndroidの長所とはいえ、これでしばらくはROM入替はお休みしようと思っている。
最近各所で話題になっている「CyanogenMod vs Google」の問題もあるし、この辺を様子見する必要がありそうだからだ。
基本的には「Gmail」や「Market」等のGoogleのアプリを同梱しないROMなら問題ないのかなぁと理解しているが、こういう問題が出てくると、HEROのROMなんて更にヤバそうだなぁ。

とりあえず、この辺の騒ぎが一段落して、Android1.6ベースの安定ROMが出てきたらまた考えますかねぇ〜。
posted by 196 at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile はてなブックマーク - nk02Mod 4.0.4 with BFSに移行


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。