2009年11月06日

Rachael発表の雑感

XperiaX10-1
11/3にRachael(正式名称:XPERIA X10)が発表された。
既に色々なところで情報が出ているので激しく今更ではあるのだが、自分なりの所感など。

以前のエントリのとおり、僕自身この端末にはかなり期待していた。他にも期待していた人はかなり多いようで、前日あたりから、僕のTwitterのTL(Android色が異常に強いTLだが)はRachael関係のTweetが満載だった。
で、発表当日。
Engadgetに掲載された実機の動画があまりにも「モッサリ」していたことで、TLは一気に物凄い「ガッカリ」感に包まれた。
僕も正直かなり落胆した。
まぁ、普段Androidを使っている身として、いくらハードウェア性能が上がったとはいえ、本当にリークされてた動画のようなワンダフルなUIが実現できるのかなぁと多少懐疑的だったので、「やっぱり」という思いもあった。
なんにせよ、ちょっと期待感を高めすぎていた分、現在は結構冷静な目でこの端末を見られるようになったのは確かだ。

とりあえずは「あれは突貫工事で1台だけ作ったデモ機で完成度はまだまだ低い」というソニエリの主張もあるようだし、来年前半とされる発売までにはまだまだ時間もあるので、今後の開発の進捗に期待したい。
現有の機能でできることにとらわれず、高い目標を自ら設定して開発している姿勢は評価できる、かもしれないし(ちょっと目標が高すぎたんじゃないのという気もするが)。

もしダメなまま出てきたら、正式名称の「XPERIA X10」を「ペケペリア バッテン」と呼んであげよう。

続きを読む
posted by 196 at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile はてなブックマーク - Rachael発表の雑感


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。