2008年09月03日

Google Chrome ショートレビュー

GoogleChromeDock

Googleから「Chrome」というブラウザのβ版がリリースされたのを今更知った。
ブラウザ大好きっ子の僕としては早速試さずにはいられないということで、ちょっと使ってみたので簡単な感想を。

まず、起動は非常に速い。
僕の環境ではSafariと同じくらいかな。瞬殺と言っていいほどの立ち上がりでまずは好印象。
あと、インストールの時にFirefoxの設定をインポートしてみたのだが、ブックマークは当然ながら、フォームの入力情報や履歴、Faviconまでもがインポートされており、ちょっとした驚き。
特にフォーム入力情報はかなり便利で、移行が非常に容易という印象。
また、履歴が異常に見やすい。

次いで気ままにブラウジングしてみると、さすがにSafariと同じWebKitエンジンを使っているだけあって、レンダリングは非常に早い。表示も僕が見た限りは他のメジャーなブラウザ同様に全く問題なく表示可能である。
要するに、非常にストレスなくサーフィンできる環境。
MobileMeのようなAjaxバリバリのところも問題なく表示。

タブもドラッグ&ドロップで順番を入れ替えたり別ウィンドウにしたりが自在。
ページ内検索もFirefoxのような感じの検索が可能で、かつインクリメンタルサーチ・自動強調表示なので非常に使いやすい。

画面構成はいたってシンプルに作ってあり、表示領域を最大化しようという意図が感じられる。他のブラウザのようなブックマークツールバーもあるし、それを非表示に変えられるあたりも他と同様だ。
しかし、表示領域の最大化なんていうものは、Firefoxの素晴らしい全画面表示モードに比べれば大したウリにはならないという気はしている。
むしろ、ツールバーのカスタマイズができないというのが、気になる人には気になるのではないだろうか。

 
軽さという意味では、メモリ使用量も少ないようだ。
というか、タブを開くたびに別プロセスが走るようになっているようなので、タブを開きまくったら重くなりそうだが、逆に言えばタブを閉じればメモリは解放されるので、Firefoxのようにタブを閉じてもメモリを解放しないというようなことは無さそう。

ためしにFirefoxとGoogle Chromeでこのブログページのみを表示した状態で起動し、タスクマネージャーを見てみると、下の画像のようになった。
Firefoxのメモリー消費
Chromeのメモリー消費

実に5分の1程度のメモリ使用量である。
ただし僕のFirefoxは機能拡張が結構入っているので、その分は差し引いて考えてあげないとFirefoxが可哀想かもしれない。

ちなみに、Google Chromeの各ページでどれくらいメモリ消費しているかというのを確認できる下のような「タスクマネージャー」画面もある。メモリーが気になってしょうがないマニアには嬉しい機能かも。
Google Chromeのタスクマネージャー

URL欄と検索欄が一体化しているのも便利と言えば便利。
検索エンジンも簡単に選べるとのウリだったが、僕の環境ではナゼか良く分からず。
ただ、個人的にはFirefoxのように検索欄は別でも問題ないし、Firefoxも検索エンジンを選べるので、あまり差別化要素は感じない。
むしろFirefoxはURL欄に「楽天」と入れてEnterを押すと自動的に楽天のページに飛ぶ「I'm Feeling Lucky」機能が異常に便利なので、検索面ではFirefoxに軍配を上げたい感じ。

また、各種履歴を残さないでブラウズできる「シークレットウィンドウ」というモードが用意されているので、エロサイト巡礼中はSafariの「プライベートモード」を愛用している僕としては非常に好印象。これ、是非Firefoxにも欲しい機能だ。

GmailやGoogle Gearなどのサイトで、「アプリケーションのショートカットを作成」というのを選ぶと、デスクトップ等にローカルのアプリケーション同様のショートカットが作成され、これをダブルクリックして起動するとメニューバー等が省略された形でブラウザが立ち上がって、さもローカルアプリのように使えるという機能もある。

Gmailのデスクトップアイコン例えばGmailでこの機能を実行すると、デスクトップにGmailのFaviconを使ったショートカットができ、さも普通のメーラーのようにGmailを使える。
これは結構便利かも。
というか、まさにMicrosoftに本格的に喧嘩を売る機能で、「Webアプリ+広告」のビジネスモデルでMS等のローカルアプリメーカーをぶっ殺すというGoogleの偉大な計画を考えると、これがGoogleの本当の狙いなのかなという気がする。

という感じでβ版としては結構評価できるデキかなと。
でも、やっぱりFirefoxの機能拡張という魅力はかなり強く、特に個人的にはマウスジェスチャが使えないのがなんとも歯がゆい。
(ちなみにMacのSafariでもフリーソフトでマウスジェスチャ可能)
Firefoxならではの連携、例えばGmailのウィンドウにRemember The MilkのToDoリストを表示するみたいな技にも当然対応していない。
それからなんと言ってもMac版が今のところない(今後出るらしいが)。
Safariのように「異常にフォントが読みやすい」ということもない。

そういうあたりでまだ他のブラウザに劣後する部分も感じるが、なにせまだβ版。
今後の改良にかなり期待できるブラウザであることは確か。

Google Chrome

※ちなみに僕は会社のWindowsではFirefox、家のMacではSafari使いであり、IEはほとんど使ってないので比較対象にしていない。悪しからず。


posted by 196 at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | MISC はてなブックマーク - Google Chrome ショートレビュー


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。