2009年06月09日

僕のWWDCの楽しみ方と感想


昨夜は僕のようなApple信者にとっては、年に一度のお祭り。
そう、WWDCである。
今年も眠い目こすりながらリアルタイムで情報の嵐と格闘した。

昨年までは、EngadgetのWEBサイトでの文字ベースの中継と、2chのスレッドの2つを行ったり来たりして情報の収集を試みていたが、今年はだいぶ状況が変わった。

今回は、USTREAMの実況を見つつ(実際は「聞きつつ」に近い)、3つのWEBサイト(EngadgetGizmodeiPhone・iPod touch ラボ)を覗きつつ、2ch実況スレを流し読みし、更にTwitterのタイムラインもチェックするといった感じで、とにかく忙しかった!
実況を見るにしても随分と色々なツールがでてきたもんだなぁと。

そんな中でいいなと思ったのは、やはりTwitter
WWDC現地にいる人を数人フォローしていたので、とにかく情報がリアルタイム。
しかも、自分も適度にTweetしていたので、たまに双方向コミュニケーションもあったりして、非常に楽しかった。

USTREAMも、かなり頑張っていた。
会場の中からのライブ映像をリアルタイムに配信とか、ホントにスゴイなぁと。
正直、英語がダメダメなので聞いてもあまり分からないんだが、会場の盛り上がりのライブ感を共有できたので非常に良かった。
まぁ、かなりの頻度でライブが中断していたが、配信者も視聴者も非常に多かった筈だし、何しろベンチャーのサービスだから、アレ以上を望んでも仕方がない。
むしろ、あの負荷になんとか耐えられるシステムは相当スゴイのではないかと。

WEBサイトについては、英語を読むのがダルいので、主に写真を見るためにチェックしていたが、EngadgetGizmodeという大手サイトに混じり、会場の中から単身で精力的な更新を続けてくれたiPhone・iPod touch ラボはナイスだった。日本語だったし。

しかし、なんだかんだ、「そこそこのリアルタイム性」と「ユーザーの反応」と「お祭り感」を兼ね備える2ch実況スレも、やっぱりこういうイベントでは外せないなと改めて思った。

というわけで、色々新たなツールを総動員して、充実のWWDCを過ごしたワケだが、個人的に盛り上がったのはSnow LeopardのLeopardからのアップグレードが29ドルという激安価格で発表されたあたり。
Windows7発売前の強烈な牽制なんだろうが、ホント安い。
もうアップグレードしない理由がない。
内容的にも、Leopardをベースにパフォーマンスや使い勝手をじっくり改良したような印象で、非常に好感が持てるものだった。

これに対して、後半のiPhoneのセクションは正直盛り上がりに欠けた。
(会場は盛り上がっていたが)
事前情報である程度分かっていた情報ばかりだったし。
まぁ、そもそも僕の場合、iPhoneに関しては、ソフトバンクから出てる限りは関係のないデバイス(自分の仕事的に)なので、あまり興味が湧かないというのもある。
僅かながら期待していたドコモからのリリースも無いようだし。
それとアプリのプレゼンが長かったのだが、正直向こうのアプリとかどーでも良いし、「映画が見れます」とか言っても日本じゃ関係ないし・・・と、なんかiPhoneに関しては彼我の差を痛感せざるを得ない場面が多かったような気がする。

新しいiPhone 3Gの「S」も発表されたが、これもまぁほとんど事前情報どおりで、順当な機能アップに留まったという感じ。
昨年の3Gそのものの登場に比べればインパクトは激薄との印象。
16Gとか32Gとかの容量で、あの機能で、あの値段を実現しているのって、ものすごいなぁとは思ったけど。
意外だった「音声コントロール」は日本語にも対応しているようで、これもちょっとスゴいなぁと思った。実際に街中で声でコントロールするのは恥ずかしくて無理っぽいが。

個人的には、事前に言われていた外装の変更が無かったのは良かった。
ウワサどおりに、背面ラバーでリンゴが光っちゃったりすると、ちょっと危なかったかもしれない(光るとかいうギミックに異常に弱い自分)。

そう言いつつも、1年半前に買ったiPod Touchは当然アップグレードするけど。
1年半前の機器が、アップグレードして最新の機能を持てる(部分的にだけど)ってのは、ホントに素晴らしい。国産携帯も見習って欲しいけど、所詮「機器売り」だけで生計を立ててる家電メーカーじゃ無理なんだろうなぁ。
やっぱりプラットフォームで儲けられる会社じゃないと。
Appleしかり、SONYのPS3しかり。

とまぁ、そんなワケでWWDCが終わって新iPhoneも発表された現段階で、個人的にはドコモのAndroid携帯「HT-03A」に躊躇無く飛び込める気になってきている。
ココ(ITmedia)にも書かれているように、現在のAndroidはiPhoneに比べればシンプルだし、やれることも少ない。
しかし、やはり今後「盛り上がってくる感じ」を楽しみたいなら、この夏はiPhoneよりAndroidでしょ。去年のiPhone3Gのような「段差」を、今年は当事者として楽しんでいきたい。



 

posted by 196 at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac/Apple/iPod はてなブックマーク - 僕のWWDCの楽しみ方と感想


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。