2009年07月02日

HT-03Aのコールドモック

ドコモのAndroid携帯「HT-03A」については、10日の発売に向けて日増しにWKTKが止まらなくなりつつある今日この頃。

そんなWKTKを紛らすために、昼休みにドコモショップ大手町店に行ってみた。
当然、目的はHT-03Aの実物(モック)確認だ。

実は先週くらいからコールドモック(動かない模型状の実物)が展示されてきているという情報が2chで出てきていたので、先週も大手町店には行ってみたのだが、ビジネス街にも関わらずスマートホンに力が入っている感じが全くなく、モックはおろかパンフも見あたらなかった。
しかし昨日の発表を受けて、今日はさすがにコールドモックくらいはあるんじゃないかと。
あわよくばホットモック(実際に動く端末)すらあるんじゃないかと。

案の定、予想が的中。ありました。
残念ながらコールドモックだったが。
白黒1台ずつ、東芝のスマホと並んで普通に置いてあった。
実物と遂に初対面である。

で、白も黒も延々触りまくってきた感想。
まず「小さい」。で手への収まりがとても良い。
厚さも結構薄い部類ではないだろうか。
もっとも、今使ってるのが「F905i」という結構古い機種で、重くて厚いから余計にそう感じたのかもしれない。
とにかくF905の半分近い薄さ。
重さも明らかに軽い。

気になる質感とデザインについては、「言われてるより悪くないじゃん」という印象。
そりゃiPhoneと比べるとモノとしての魅力にはやや欠けるかもしれないが、そもそも「携帯」というジャンルで考えれば悪くないし、ある意味、iPhoneなんかよりも携帯らしいデザインだ。
国産のガラパゴス携帯ユーザーにも比較的受け入れやすいデザインじゃないかと思った。
(ちなみに隣の東芝スマホはデカすぎ。電話じゃねーよ)

色については、個人的には「白」かなと。
まぁ今まで2台続けて白だったので、単に白が好きなだけかもしれないが、やはりよく言われているように黒は指紋がかなり目立っていた。
あと、黒は前面のボタンが黒じゃなくてシルバーなので、ボタンが目立つ気がする。
白はボタンも白なので、よりプレーンな印象。

あと、やっぱりトラックボールはイイ!
想像以上にクリクリ気持ちよく動くし、クリックもしやすい。
これのおかげで片手操作が非常にしやすいし、小さいものでも的確に選択できそうなので、タッチとの使い分けで便利に使えるハズ。
トラックボールはこの機種の大きな強みだろう。

気になった点は、ボタンが小さいこと。
ボタンがデカイとダサいので、デザイン性との兼ね合いもあるが、慣れるまでは少し押しにくいかもしれない。
あと押した感じがパカパカしてて、あまり質感が良くないかも。
あくまでモックなので実機がどうなのかは分からないが。

という感じで、概ね好印象。
ますますWKTKが止まらなくなってしまった。

ちなみに、最近YouTubeにHTCからの紹介動画が続々とアップされているのはご存じだろうか。同じくWKTK仲間なら当然チェックしてるか。
説明の担当の方の「ひっじょう〜に便利です」という口癖が思わず笑っちゃうが、未チェックの人はこれでも見て更にWKTKしよう。
(7/2時点で10本ある。毎日追加されてる?)


個人的に好きなのが、途中で説明員が思わずププっと笑っちゃってるっぽいこちら。


一連の動画でhtcには非常に好印象を持った。
以前のエントリで「台湾メーカーだから信用できん」的なことを書いてスマンかった。



posted by 196 at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile はてなブックマーク - HT-03Aのコールドモック


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122671932
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。