2010年02月17日

話題の「Chatroulette」にトライしてみた



なんか「Chatroulette!」というのが海外中心に話題沸騰らしい。
1対1のオンライン・ビデオチャットでランダムにどんどん切り替わるという感じのWEBサービス。
WEBカムさえあれば、あとはブラウザだけでOK。
詳細は下記のブログ記事とかが詳しい。
メディア・パブ: 17歳のロシア高校生が仕掛けた最もホットで奇妙なサービス“Chatroulette”
Tech Wave : 度胸さえあれば英会話の勉強に最適なチャットルーレット

とりあえずモノは試しということで、英語とか全然できないけどトライしてみた。
同時接続数は16,000を越えてた。

基本的にバンバン向こうから切られる。
なんで「Next(F9)」ボタンの連打ゲー状態。
多分100回近くランダム接続を試みたけど、8割切られて、1割はこっちが切ってみたいな。
なんでチャットまでこぎつけたのは数人程度。
(ちなみにやってた時間は20〜30分くらいかな)

相手の属性としては、4割位が確認する間もなく切られ、2割弱が真っ暗(カメラがオフ?)、1割が人じゃないものが写ってるって感じで、人間を確認できたのが3割くらいかなぁ。
当然ながら圧倒的に男性。っつかー女性は3人くらいだったかな。
アジア系もかなりいて、半分近かったかも。
超マフィア系な見た目の兄ちゃん複数とかもたまにいて、怖くてこっちから切ったw
あと上半身裸の男が10人くらい。
チンコが4本くらい。

何人かとは文字でチャットをやってみたけど、いかんせんコチラの英語力が無い上に、何話して良いかという話題も用意してなかったので、非常に辿々しくなってしまったのが反省点。
うまく行きそうな場合は、まず手を振ってみて、笑顔を振りまいて、「hi」あたりから入る。
で、お互いの国なんかを確認しあって・・・ってあたりまではスムーズに行くんだけど、その後があんまり続かなかった。
せめて会話できた場合のパターンをいくつか用意しとくべきだった。
あとタイピングも遅かったなー。

基本的にかなりカオスってるけど「次にどんな人が出てくるのか」というドキドキ感は結構楽しい。
会話のネタをいくつか持った上で、またやってみよーって感じ。
英会話の勉強には・・・多分ならないと思うなぁ。

posted by 196 at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | MISC はてなブックマーク - 話題の「Chatroulette」にトライしてみた


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。