2006年06月09日

下取り査定:二日目そして決定へ

5/7の日曜日。
GWの最終日は近年にない忙しさとなった。
この日の下取り査定予定は5件。
その合間をぬってMINIディーラーにも行かなければならない。
そこでCooperSを試乗してグレードが決定できれば購入契約も必要だ。

ま、まずはとにもかくにも査定だ。
昨日の査定で、50万は厳しいかなという感覚は得た。
しかし、それは買取専門業者の場合。
買取専門業者は結局オークション相場が上限となってしまうのだ。
それに昨日のライブドアオートは改造への理解もあまりなかった。
内装のウッドパネルをシルバーに塗装しているのが、かなりマイナス評価だったのだ。
個人的にはこのスポーツグレードには木目調よりイイと思うのだが。

もともとそういう予想もあったので、この日は1件、改造車を大量に販売している中古車販売店の査定も入れていた。
やっぱり改造車への理解がありそうだということ。
そういう所でクルマを買う人なら、私のクルマも愛してくれるだろうということ。
もう一つは、買取専門業者との違い。
販売店は店の方向性にあったクルマを基本的にはオークションから買い付けて販売する。オクじゃなければ自分で見つけて買取するしかない。
要するにオークションから買うことがあるほどだから、買取業者みたいにオークション価格から自社の利益と費用を引き算する必要がない。
まぁ、オークションより大幅に高い価格で買う必要もないのだが・・・。
しかしAccord SiR-Tの無限仕様はけっこう少ないはず。
要するに希少車。
オークションから常に買い付けられるとも思えない。
そういう読みがあって、販売店の査定には期待していた。
  
その改造車販売店の査定がこの日のトップバッターだった。
朝10時、先方が轟音とともに来訪。
これまで見たこともないほどカスタムされた三角テールのプレリュードで颯爽と現れた。
うわ、こりゃスゲーぞ。期待できるかも?
査定士は茶髪にピアスの兄ちゃんだったが、礼儀正しく感じも良かった。
査定も手際良く、20分程度で終了。
さすがと思ったのは、昨日は全く気づかれなかった、TypeR用チタンシフトノブやTypeR用オイルフィラーキャップ等にさりげに気づいていたこと。
逆に、昨日言われたような「事故車」「コアサポートのサビ」などは指摘なし。
気になる値段は戻ってから連絡となったが、私的にはかなり期待。

次は間髪入れずにドライバーズスタンドの買取査定に持込。
昨日電話してライブドアオートの値段を言った時は、「全然それ以上出せる」という感じだったので、それなりに期待していた。
査定士の感じも良く、最初はマイナスの指摘もなかった。
業者間のオークションの画面なんかも見せてくれた。
しかし、またここで新たな問題発生。
屋根がすこし凹んでいるというのだ。
今まで気づかなかったけど、確かに言われてみると結構凹んでいる。
で、何か知らないけど屋根ってのは査定にかなり響くらしい。
そんなこんなで結論は40万。
話にならねーよ。ということで、サヨナラ。

その後すぐに販売店の茶髪兄ちゃんから電話が入り、「48万」と。
キタキタキタキター!
やっぱり販売店戦略は間違いじゃなかった。
買取専門業者じゃやっぱダメだ。
ということで、夕方から夜に予約していたカーセブンとガリバーをその場でキャンセル。
ガリバーは業界最大手だけに多少期待もしていたのだが、なにせ夜8時に査定ということで、「ホントにちゃんと見る気あんのか?」と疑問に思っていたし。

その後、家に戻るとキャンセルの間に合わなかった西東京自動車が来訪。
昨日から数えて4回目の査定が開始。
この業者さん、買取専門だけど、結構良かった。
まず最初に一声「50万以上はいけそう」が来たのだ。
「こういうクルマ、好きなんで。」なんてリップサービスも気持ちよく。
しかも、買取後は次のクルマが来るまで代車を貸してくれるという。
この時点ではMINIの納車時期が皆目検討がつかなかったので、非常に魅力的に感じた。
しかし、最終的にはさっきも指摘された屋根の凹みに気がついて「45万」となった。
販売店との差が3万。しかし代車が魅力的。
ということで、迷ってしまった。

この時点で14時半。
予定していた査定が一通り終ったので、MINIディーラーに行くことに。
ディーラーでの顛末は別エントリに譲るが、結論として6月初旬の納車が可能ということが分かり、代車の必要性があまりないことが分かった。
これにより、48万を付けてくれた改造車販売店に売却することを決定した。
早速販売店に連絡し、契約の意思を告げる。
今日中に契約して、来週にはクルマを渡すということになったので、今度ははるばる販売店まで移動。そこでめでたく契約となった。

ということで、結果的には2日間で4件の査定を受け、MINIディーラーに「10万」と酷評されたクルマを「48万」で売却することに成功したのだ。

終ってみれば、昨日のライブドアオートはひどかった。
「事故車」だ「コアサポート」だとイチャモンをつける。
(他の業者では一切指摘なし)
しつこくクロージングしてくる。
結果の連絡もよこさない。
査定を依頼したときのレスポンスは抜群だったのだが・・・。
皆さんもダマされないようにしてほしい。

なお、どの業者も税金は4月・5月分のみ買取額から引くという扱いだった。
今年はまだ納付していなかったので、納付書を渡せば税金は終了。
今年から税金の制度が変わって、4月時点の保有者が1年分を負担するということになっているのだが、その辺りはどの業者もうまくカバーしているようだった。

最後に余談。
先日、売却先の販売店HPに愛しのMy Accordが掲載されていた。
自分で言うのもなんだが、イケてる写真。
(↑親バカか!)
で、販売価格はなんと80万以上。
しかもレカロ2脚を純正に替えられた上での値段。
うーん、48万でもまだ甘かったのかな〜。
と一瞬思ったけど、当初目標に近い額で売れたし、自分の愛車が高く売られていることに何の文句もない。むしろ嬉しいくらい。
このHPでは売約済になれば表示がされるので、自分の売ったクルマがいくらで売られて、いつ買われたかが分かる。
これも販売店に売却したからこそ。
買取専門業者じゃ、どこに行ったかなんて追いかけられないし。

ということで、長いエントリの結論。
クルマ売るなら、買取専門業者よりも販売店!(特に改造車は)
次にクルマを売る機会があれば、複数の販売店に査定してもらおう。
そしてもう一つの結論。
MINIは販売だけでなく、買取も強気すぎ!
反省しる!!

ということで、やたら長文だった車の買取話はここで終了。


posted by 196 at 01:09 | Comment(4) | TrackBack(0) | MotorCar はてなブックマーク - 下取り査定:二日目そして決定へ


この記事へのコメント
あなた様のアコードを、例のショップにて本日当方が売約を取ってこようと思います。当方、アコードが好きで以前から探しておりまして一度この車を拝見して、今日になってたまたまこのブログを発見して驚きました。売約がとり終えましたら、再度書き込ませていただきます。メールアドレスを載せましたので、気が向きましたら何かとメールにてお聞かせください。
Posted by 発掘者 at 2006年07月02日 07:26
先ほど、売約を取り終えてきました。2週間後納車となりました。とても楽しみにしているところです。
Posted by 発掘者 at 2006年07月02日 16:30
発掘者さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
愛しのアコードを受け継いでくれる方から連絡頂けるなんて、想像もしてませんでした。ブログやって良かった・・・と思いました。ありがとうございます。
アコードは、ホントにいいクルマでした。新しいクルマに乗っていても、やっぱり恋しくなる時があります。
まだまだ全然元気なので、しっかり回してガンガン楽しんで頂ければと思います。
Posted by 196@管理人 at 2006年07月02日 20:24
こんばんは、ご返信いただけて光栄です。当方も、こちらのブログで写真を見かけたときは大変驚きました。世の中は、インターネットで狭くなってきているんですかね。あのアコードは、一目見ただけでとても気に入りました。査定で安くとられた内装のシルバー塗装も、当方にとっては魅力的でした。また、オーディオの音質においても驚くほど良く感動いたしました。今日から2週間、とても長い日々になりそうです。検無だったため、まだ走行を体験していないので非常に楽しみです。
Posted by 発掘者 at 2006年07月02日 22:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。