2006年06月23日

アコードSiR-Tの改造 〜エクスエリア編〜

内装だけでなく、外見もオッサンくさいアコード。
同じセダンでも、シルエットがBMWやアルテッツアと大きく違う。
BMWなどは、ロングホイールベースながらも、オーバーハングは短く、室内スペースをなるべく広くといった「イマどきの」パッケージングが伝わってくるデザインだ。
アコードは、ロングホイールベースなのだがオーバーハングが長いので、ビローンとした感じの、全然イマどきじゃないデザインなのだ。

セダンのデザイン比較
特に顕著なのがCピラーからトランクにかけてのライン。
BMWやアルテッツア、B4などはCピラーから流れるようにトランクのラインにつながって、かつトランクの長さを感じさせないデザインになっている。
アコードはCピラーからトランクへのラインがカクっと曲がってしまっており、かつトランクの長さを感じるデザインなので、なんだかトランク部分をとってつけたような感じ。同じイメージなのが、やはりカッコ悪いと評判だったR34スカイラインだ。

更に車高が高い。
タイヤハウスがありえない位ガバっと広いのだ。
HONDAで特に顕著なのだが、なんで国産車ってこんなに車高が高く見える作りなのだろう。外車では、少なくとも不恰好なほど車高が高く見えることはない。
BMWもMINIも、むしろ車高を下げる必要を感じないほどキマっている。
サスペンションのセッティングの違いなんだろうか・・・。

加えて私の場合、オプション無しで購入したので、エアロはないわ、鉄チンにホイールキャップだわで、若者のクルマには見えない状態だった。
そこで、少しでも若者っぽく、スポーツグレードっぽくするため、「低く構える感じ」「塊感のある感じ」を出すことを目標にモディファイを行った。
  
Sebring ITCとペッタペタの車高
まず最初は17インチホイールの導入。
アコードは4穴でオフセット+50という、マッチングするホイールが少ない車種だったので、それほど選択肢は多くなかった。
メジャーではあるが、SebringITCを選択。
純正15インチからの2インチアップだけに、運転感覚は「軽快」から「重厚」に変化。
ハンドルもかなり重くなってビックリだった。
特に乗り心地が悪くなったとか、加速が悪くなった等は感じなかったが、鋳造の普通のホイールだったので、走行性能には必ずしもプラスばかりではなかったと思う。
しかし見た目についてはかなり満足。
アコードは、もともとタイヤの存在感が薄いデザインなので、2インチアップによる存在感アップは効果大だった。

前からみたアコード
次に導入したのが無限のグリル。
ノーマルに比べるとかなり顔つきが精悍になって良いのだが、結構高い割に簡素な作りでビックリした記憶がある。
なにせネットもなにもついておらず、デカい穴があいてるだけという状態なのだ。
しかたなくDIYでネットを装着した。

このアングルは結構好き
次にエクスエリアの大物、無限のフルエアロ。
アコードのエアロの選択肢はかなり狭いうえ、無限以外は「アゴ」系ばかり。
必然的に無限を選択することになった。
しかし例え他の選択肢があったとしても、多分無限を選んでいたと思う。
派手ではないが骨太で力強いデザインは、アコードに欠けている「塊感」をかなりプラスしてくれるものだし、何よりも、最初に無限アコードのパンフを見た時のファーストインプレッションがかなり良かったのだ。
装着した感想は「大満足」の一言。
シンプルながら存在感があり、これによりその辺のノーマルオヤジアコードとかなり差別化できたと思うし、目標だった「低く構える感じ」「塊感」もかなり出た。
今思い出しても一番良かったモディファイである。
敢えてマイナスを言うと、フィッティングはあまり良くなかった。
それとリアのアンダースポイラーはもう少し存在感があっても良かった。

無限リアウィング
無限フルエアロの後、半年後くらいに無限のリアウィングを装着。
少々クセのあるデザインで、カッコ良いのか悪いのかよく分からんなぁと思っていたのだが、結局他の選択肢がほとんどなく、かといってハネ無しも寂しくて装着に至った。
付けてみると、やっぱりハネ無しよりは「走るクルマのオーラ」が出てて、なんだかんだで気に入った。クセのあるデザインではあるが、過剰な主張はないし、それでいてちょっとGTウィングっぽい感じがなかなか良かった。
それと、装着して初めて分かったのだが、ルームミラーから見えるカタチがけっこうカッコ良いのだ。装着後しばらくはルームミラーをチラチラ見ながら自己満足にひたったものだ。
しかしこれを装着した後、アコード界では「デカ羽」が大流行。
メチャ存在感のあるそれらの実物を見たときは正直少し羨ましかった。

最後に、これは今から思えば半分失敗だったモディファイ。
サス交換である。
「走り」に対して最も重要なパーツの一つなのだが、「カネを節約したい」というのと「見た目重視だからとりあえず車高を下げたい」というのとで、割と安易な選択にしてしまった。
純正オプションのスポーツサスに、社外スプリングを組み合わせたものをヤフオクで落札し、ディーラーで装着してもらったのだ。
その結果・・・「下がり過ぎ」に。
いや、見た目はかなり良くなったのだが、いかんせん実用上の問題があった。
ちょっとした坂ですぐにフロントをズリズリ・・・。
前向き駐車場では全然前に出られないし・・・。
せっかくの無限エアロも傷ついて、やがて割れも出てしまった。
でも乗り心地は全然固くなく(私がニブいだけなのかもしれない)、かといってロールはキチっと抑えられていたので不快な足ではなかった。
本当は無限のサスキットに変えてあげたかったのだが、実現できなかったのが今となっては心残りである。

クリアウィンカーと無限ステッカー
その他、小技としてクリアウィンカーとかリアサイドマーカーなんかも装着。
トータル的には「オヤジっぽさ」がだいぶ消えて、目標どおりに仕上がったと思う。
ということで、またもや長文になったがエクスエリア編は終了。
次回が最後。

後ろ姿はそんなに好きじゃなかったり
 
 

posted by 196 at 01:25 | Comment(0) | TrackBack(1) | MotorCar はてなブックマーク - アコードSiR-Tの改造 〜エクスエリア編〜


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ヤフオクで簡単に稼ぐ方法
Excerpt: ヤフオクで稼ぐ方法ってわかりますか?例えば、500円の図書券を2,000円で売る方法です。そんなノウハウが書いてあるのがこの商材
Weblog: ネットでブレイク!
Tracked: 2006-06-23 06:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。