2006年08月04日

MINIの「駆け抜けるヨロコビ度」

ベストモータリング 2005年12月号[DVD] (2005)BestMotoring(ベストモータリング)というDVD月刊誌がある。
国内外のいろんなクルマを試乗レビューしたり、筑波サーキットでバトルをしたりという内容で、基本的には「走り屋」向けだが、スポーツカー以外のクルマを扱うこともある。私も前から結構好きで、気になるクルマが取り上げられている時は買ったりしていた。

今回、MINIを購入したことで、ふと「MINIはどうレビューされてるのか?」ということが気になり、バックナンバーを調べてみた。
すると2005年12月号の「駆け抜ける喜び度チェック」特集で取り上げられていることが分かり、早速Amazonで購入。
エントリーしているのは、CooperSのATモデル。
「FFスポーツ(2ペダル)」というジャンルで、Alfa 147Ti・Golf GTIの2台と比較されている。
2ペダルと言っても、MINIのミッションは単なるAT。
Alfaのセレスピード、GTIのDSGのようにクラッチが存在するミッションではないので、なんだか不利な比較になりそうだなぁ・・と思いつつ見てみた。
  
ドライバーは走り屋にはおなじみの「ドリキン」こと土屋圭一。
テクニックがすごいのは勿論のこと、語り口にユーモアがあるし、結構好き嫌いをハッキリ言う人なので、私は好きである。
MINIに乗り込んだ後、早速やってくれた。
「”駆け抜けるヨロコビ”、あるんでしょーか?従来のミニクーパーからいくと、そんなものいらないですよ。でもBMWが作ると・・・」とか言いつつ、走り出す。
と、「 お?オオオオッーーッ!!」なんてちょっと興奮気味の雄叫びとともにサクっとスピンターン。
「これはちょっと楽しいかも」
スゲー。
MINIでもこんな簡単にできちゃうんだ!と私もちょっと興奮。
やっぱベスモはおもしれー。

で、ワインディングでのインプレッションへ。
結構狭いコースなのだが、私なら「絶対に無理!」なスピードで駆け抜けて行く。
そんなスゴイ運転をしながらも、ちゃんとレビュー。
全体的にかなりの高評価!
ちなみにちゃんとシフトレバーでカチャカチャ変速してた。

「これ、いいかも。おースゲー。これ喜びある。おーいいかもいいかも。」
「何がいいかって、まず頭の入りがいいってのと、旋回姿勢に入ってクリッピングポイントに向かって行く、その時に4つのタイヤがちゃんと仕事をしてる。これがねー、いいですよ。」
「おー、このスピード高い。」
「クルマのデキ、素晴らしくイイ。パッケージングね。ボディ剛性・サスペンション・サスペンションの動き・パワー。こっれはイイ車ですよ皆さん。」
という感じで、前半はかなり高い評価。
ドリキンに褒められると、私が褒められてるようで嬉しかったり。

しかし後半セクションはややトーンダウン。
「あーアンダー。」
「アンダー、アンダー」
「もっと攻めたい人は・・・ランフラットじゃなくてハイグリップタイヤを履けば、このクルマの良さは出てくると思いますね。」
やっぱりというか、欠点はランフラットタイヤなのかな。
私も今のランフラットの交換時期になったら、普通のハイグリップタイヤに変えようかな〜と思った。
ちなみに、3台の比較の中ではGolf GTIが頭一つ抜けていると。
次にMINI CooperS。
Alfa147はすぐにアンダーが出て「ちょっと根性なし」という評価。

他にも色んなクルマを同じコースでレビューしていて見ごたえがある。
今回のクルマの中ではインテRが最も高い評価だった。
スピードレンジが全然違うと。
確かに見てるだけでも違いが分かる。
そしてHONDA VTECエンジンの咆哮。イイ音だなぁ。
ちょっと前のアコードが懐かしくなってしまった。

で、最後の「KAKEYOROランキング」。
前回ランキング(FRスポーツ)のクルマもある。
S2000が燦然とトップに輝いている。次がBMW Z4。
で、今回トップのインテRだが、それでもこうしたFR陣のケツにギリギリでランキング。
やっぱりFFには厳しいドリキンだったりする。
で、MINIのランク付け。
「意外にFFの中では良かった。」
「(Alfa147と比べて)スポーツだな、というのはお互い感じるんだけど、感じるんですけどねぇ・・・感じるだけ、みたいな。」
「駆け抜ける喜びは、んー、まぁあると言えばあるかなっていうね。」
(ここで旧型ロードスターのちょっと下あたりにランク付け)
「でもAlfaよりは良くできてるかな。」
「何が良くできてるかって言うと、アンダーの出方ですね。Alfaの場合はオットットットという出方だし、MINIの場合は頑張って頑張って頑張って、シャーシが頑張ってサスペンションが頑張ってタイヤが頑張って、「あ、出てく」っていう。」
という感じの評価だった。

この号では他にもBMW M5のレビューなんかもあったりで、楽しめた。
M5もスゲークルマ。エンジン音とか、セダンの音じゃない感じ。
やっぱBMWの「M」には憧れるな〜。
とりあえずMINIオーナーや、MINI購入を検討してる人は、買っとけ!

ベストモータリング2005年12月号

posted by 196 at 01:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | MINI(CooperS) はてなブックマーク - MINIの「駆け抜けるヨロコビ度」


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21897981
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。