2006年11月21日

手帳カバーってイイ!

イームズのA5カバー
「超」整理手帳を導入したのは前回のエントリのとおりだが、私が購入した「超」整理手帳2007スペシャルBOXには薄っぺらい冊子がついている。
初心者ということでこの冊子にいくばくかの価値を見出して買ったワケなのだが、基本的な使い方等がそれなりに網羅されていて、まぁそこそこ役に立った。

しかし冊子にはそれ以上に気になることが。
何だかカッコ良さげな「手帳カバー」が色々と掲載されているのだ。
iPodケースを今までに6つも買い換えているようなワタシにとって、これは気になることこの上ない。
よく見れば、純正のビニールカバーはペラッペラで、見ているうちにその貧相な見た目が気になって仕方なくなってきた。
そんなワケでアッサリと購入を決定。

で、問題はどんなカバーにするか。
冊子を見る限り、色々なメーカーから素材・デザインともに様々なモノが出ているようだ。
で会社に行って超整理手帳ユーザーのマカー仲間にヒアリングすると、これまた揃いも揃ってカバーを使っているじゃないの。
1人は国立商店のカバー、1人は10年近く前にオーソドキシーでオーダーメイドしたコダワリ派(今考えると、なんという先見性!)。
うーん、こりゃ自分だけ純正じゃいられない。
というかもう必需品じゃねぇかと。

そんなワケで、早速ネットのノグラボストアにアクセス。
国立商店オーソドキシーは仲間とカブってしまうので、それ以外となるとやっぱりイームズのカバーかなと。ビジネスっぽくないオシャレさが良いとこでもあり、気になるとこでもあるが・・・。
イームズのページにアクセスすると、A5版カバーなるモノがある。

「超」整理手帳はA4を四つ折したサイズなので、A5だとその2倍のサイズになるワケだ。
箱についていた例の薄っぺらい冊子を再度よく読んでみると、最近このA5サイズで「超」整理手帳を使う人が増えているのだとか。

なるほど、A5ならA5のノートも一緒に携帯できるし、A4資料も2つ折で持ち運べるよなぁ。
ミーティングにはいつもB5ノートを持って行ってるんだから、いっそA5ノートに換えて手帳カバーでまとめて運用するっていう手もあるなぁ。
基本的に内勤なので、「スーツの内ポケットに入る」という要素よりも、「ミーティングにコンパクトかつスタイリッシュに持っていける」ということの方がワタシ的にはポイントが高い。
他の「超」整理手帳仲間との差別化も図れるし。
ということでA5サイズでの運用をしてみようという気になった。
そんなワケで、結構なお値段のイームズのA5カバーを発注した。
手帳が実用になるかも分からないのに、「まず見た目から」という勢いだけでモノを揃えてしまったが、これも物欲に素直なワタシの特性。
 
注文から約1週間で無事に手帳カバーが到着。
ストアの写真だけじゃ分からなかったのだが、中がしっかりとしたイタリアン・オイルドレザー(SLIP-ON製)で、高品質感が漂う一品。
外はファブリックで堅すぎず柔らかすぎずの絶妙なオシャレ柄。
(でもお堅い職場だったらちょっと遊びすぎかも?)
職場での「超」整理手帳仲間や派遣の女性からの評価も上々。
よし見た目はこれでバッチリ。

MOLESKINEのCahiersをノートとしてセット
A5サイズでの運用ということで、色々なモノをカバーにどうやってセットするかについては、かなり試行錯誤を重ねた。
スケジュールシートは左の専用ポケットで決まり。
A5ノートはMOLESKINEのCahiersを購入して、右側のポケットに差し込んでみた。A5より若干横幅がスリムになっているので、収まりが良いのだ。もっともマニア以外はMOLESKINEとは気づかないと思われるほど地味だし、紙質も良いとは言えないのが若干不満ではある。
問題はToDoリストとカンガルーホルダをどうセットするか。
最終的にはToDoリストを左の右側のポケットにセット。
カンガルーホルダはA5ノートと同じ場所にセットしてみた。

超整理手帳カバーにセットしたA5クリアフォルダー
そんな感じでしばらく運用していたのだが、一つ気になる点が。
せっかく容量のあるA5カバーなのに、カンガルーホルダではA4資料が満足に収納できないのだ。
そんなワケで池袋LOFTで散々探してA5版10枚綴りのクリアポケットをGET。そのままでは扉ページが大きくてカバーに差し込めないので、ハサミで両端を少しカットし、カバーにセット。
これが大正解で、A4の資料を2つ折で素早くかつ大量に挟み込めるようになった。持ってると便利な4年分のカレンダーや東京近郊の路線図(システム手帳のリフィルをセット)などをセットし、その他は随時資料を入れ替えて使っている。

そんな感じで2週間ほど使ってきているが、感想としては「実に便利!」。
ノート・スケジュールカレンダー・A4資料を一つにして持ち運べるので、ミーティングにはこれだけ持っていけば用が済んでしまう。
今までなんでこういうツールを持っていなかったのかと後悔しきり。

あまりに気に入ったので、今度はペンホルダに入れるペンも「イイモノ」が欲しいなぁと思い始めてしまった。

posted by 196 at 02:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | MONO(モノ) はてなブックマーク - 手帳カバーってイイ!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27914855
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。