2007年05月23日

プラズマTVの購入で迷いまくり

Pioneer PureVision 507HX
2月に入ってから各メーカーのカタログを収集したり売場を見に行ったりして、具体的な購入候補の絞込みに入った。
といってもプラズマが本命なので、結局パナソニックの「VIERA」かPioneerの「PureVision」か日立の「Woo」かの選択肢しかなく、絞込みはラクな筈だった。
更に、当時プラズマで「フルHD」を実現していたのはVIERAのPZ600シリーズのみであり、「フルHD」を優先するならVIERAしかなかった。
(Pioneerの5000EXが買えれば何の迷いもなかったのだが・・・)

しかし絞込みは難航した。

5000EXとの出会いによりPioneerファンになってしまったせいかは分からないが、私的にPioneerの「PureVision 507HX」を最後までなかなか諦められなかったのだ。

Pioneerの「PureVision 507HX」はフルHDではないのだが、店頭で見ると、フルHDのVIERAよりも画質が断然キレイに感じてしまうのだ。
その抜けるようなクリア感・自然さは明らかで、ヨメですら「全然違う」と言い出す始末。

更に私を惹きつけたのがシンプルモダンなそのデザイン。
特に専用ラックのB-06と組み合わせた姿に惚れてしまった。
店頭で見てもカッコ良い。
家に帰ってカタログ眺めてもやっぱりカッコ良い。
当時はインテリア雑誌も読み漁っていたのだが、モダン系のリビングでは圧倒的にPioneerのプラズマが使われていたりもして。
デザインの良いモノにめっきり弱い私にとっては、これはかなりのツボだった。

またPioneer機は、画質・デザイン以外にも、消費電力が液晶なみに低いというのもポイントだった。
フルHDのVIERAの半分近い電力消費。
ちなみに画質が良いのも電力消費が低いのも「高純度クリスタル層」という技術のおかげらしい。
他のメーカーならもっと分かりやすくカッコ良い技術名を使いそうなところを、敢えて「高純度クリスタル層」なんて分かりにくくてマニアックな名前のままカタログにのっけるあたりも、「無骨でコダワリの技術集団Pioneer」を感じさせ、「商売上手のPanasonic」との対比が気になってしまったり。(ホントに勝手なイメージなのだが)

「そんなに気に入ったのなら買えよ」という話なのだが、困ったことにPioneerの507HXにも結構弱みがある。
一番の弱みは「フルHDじゃない」こと。
このタイミングで新規購入するのに「フルHDじゃない」というのは、3年後・5年後先を考えればものすごく後悔しそうだ。
それとプラズマ3製品の中では最も「焼きつき」に弱いこと。VIERAなどはそれほど「焼きつき」に神経質にならなくても良いようなのだが、Pioneer機は結構気を使わなければいけないというレビューが多いのだ。
当然ながら、TV見る時にそんなことを気にしたくはないので、これは大きなマイナス。
最後の弱点が価格的に「割高」なこと。
フルHDのVIERAとあまり変らないか、下手すりゃちょっと高いくらいで、消費電力の差によるランニングコストをもってしても逆転できないんじゃないかという気すらしてくる。
家電量販店での展示も小規模で、あまり売る気がない感じ。だから値引きも頑張らないような感じ。

ちなみに日立の「Woo」は、フルHDでもないし、画質もPioneerやVIERAに比べると若干「白浮き」している感じがあって、あまり印象が良くなかった。
ウリである「REC」機能も、既にHDDレコを持っている私の場合は特に魅力を感じないし(無いよりは良い程度)、デザイン的にもVIERAよりはマシだけど「可も無く不可も無く」といった感じなので、総合的に考えて候補からは脱落した。

VIERA TH50-PZ600
残るVIERAのフルHD機種であるPZ600。
「後で後悔しない」という面から考えると、何よりも「フルHD」というのが魅力。画質についても、Pioneerに比べると若干落ちる気はしたが、ネットなどで一般的に言われるほど「ダメダメ」とは全く思わなかった。
そして最大の魅力は「安い」こと。
家電量販店での提示価格(値引前)が、Pioneer機とほとんど変らない。
コストパフォーマンス良すぎ。

しかし私はVIERAに積極的になれかった。
だってデザインがダサすぎるんだもん。
ネットで「アルミサッシ」と揶揄される本体、更に「ハカマ」と呼ばれる専用TV台。明るいシルバーで統一されたこの強烈な組み合わせは、遠くから見て「VIERAだなぁ」と分かるという以外のメリットを全く感じさせないダサさだ。(所有している方には申し訳ないが)

とにかくこの見た目の差、これが私を悩ませた。
それから、「別にマイナーというほどではないんだけど、人とはちょっと違うモノ」を好む私にとって、VIERAというド定番よりも、ちょっと玄人好みのPioneerというポジションがすごく気になったというのもある。

そんなワケで、3機種しかないプラズマなのに、1つに絞りきれず、完全に膠着状態に陥ってしまったのだった。
そうこうするウチに、多少液晶も気になってきたりして。
そのあたり、次のエントリで。

posted by 196 at 02:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie/HomeTheater はてなブックマーク - プラズマTVの購入で迷いまくり


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。