2010年01月12日

Androidユーザー増加を視覚的に見る

AA2_01 AA20

2010年の年始からNexusOneやらCESやらでAndroidの話題でもちきりだが、Androidな人はやっぱり増えてきているのだろうか。
ふと思いついて、以前「Androids Around2が面白い」というエントリで紹介したAndroids Around2を起動してみた。
(以前書いたとおり、これはAndroidユーザーの中でも、このアプリをダウンロードして起動した人の数を表しているにすぎないので、表示されている数が全Androidユーザーでは当然ない)

上の画像が、その結果である。
(左が2010/1/12時点。右は2009/10/6時点)
昨年10月時点で2,939だったのが、今日時点で17,631となっている。
約6倍。やっぱり強烈に増えている。
特に顕著なのが北米(6.5倍)・ヨーロッパ(6.3倍)だ。
アジアも4.3倍でそこそこ伸びている。

AA2_02 AA21
ちなみに日本列島を拡大してみるとこんな感じ。
こちらは首都圏より地方の伸び率が高い感じだ。
相変わらず日本でHT-03Aユーザーを見かけることは非常に稀なんだけど、確実に増えてはいるみたい。

というだけの思いつきエントリでした。
でも、今年はもっと急速に増えるはずなので、定期的にチェックしてみたい。



posted by 196 at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile はてなブックマーク - Androidユーザー増加を視覚的に見る


2010年01月07日

カスタムROM「SuperD 1.5」を試す

SuperD00 SuperD01
「あのDwangより早い!」ということで年明け早々から話題のカスタムROM「SuperD」。
Dwangに満足しきってた僕もさすがに気になって久々にROM焼き。
最初は「1.2」(現状で最速と言われている)を、そして昨日、「Nexus Launcher」とやらに惹かれて最新版の「1.5」を入れてみた。
一応、両方ともWIPEしてから導入。
1.3以降はApp2SD対応ということだったので、「1.5」を入れるときは久々にSDカードのパーティション分けからやり直した。
そんな感じでここ数日使っているのだが、噂どおり速度的には極めて快適だ。ただDwangと大きく違うかというと、そこまででも無い気がする。

SuperD06 SuperD05
さて、1.5にした理由の一つである「Nexus Launcher」は、実は全然たいしたことなくて、単にアプリランチャーを閉じているときの見た目がNexusぽいっていうだけ。
実際のNexusみたいにタップするとフワっとランチャーが出てくるのではなく、あくまで従来どおり下からニョロっと出てくるのはすこしガッカリ。

SuperD021.5を導入してみてビックリしたのが、何もしなくても日本語ロケールで起動したこと。
設定画面もいきなり左のような感じ。
これはかなり助かる。
MoreLocaleいらず。
(まぁDwangなんかで日本語ロケール無い環境にもいい加減慣れちゃってるんで、あまり関係ないんだが)


SuperD11それから「連絡先」では左のようにちゃんと「ふりがな(読み)」の入力欄が設けられている。
ナゼだか分からないが、日本語対応が妙にバッチリな感じ。


SuperD07 SuperD08
「連絡先」は今まで見たことがなかった微妙な変更。
例えば一覧の時に右側に電話アイコンが表示されていたり、住所が入力されていると「Navigate to」というメニューがあったりする。
(ひょっとしたら今まで気づかなかっただけかも?)
なんか連絡先アプリの設定も非常に細かい設定ができるみたい。

SuperD09 SuperD10
で、試しに「Navigate to」をタップすると、おもむろにナビが立ち上がった(しかも日本語の起動画面!)。お、とうとうナビが使えるかとドキドキしたが僕の場合は「経路が見つからない」といって強制終了させられてしまった。ちょっと残念。
ただ、こんな起動画面が出てくるってことは、日本でもNAVIが使えるよう着々と準備が進んでいるのではないかと思わせる。

SuperD03 SuperD04
あと、ブラウザなんかはEclairベースになっている。
ちょっとした違いしか無いし、相変わらず早くないけど。
もうこの辺はHT-03Aのハードとしての限界なんだろうな。
でもマルチタッチも普通にできるし、それ以上にダブルタップすると適正な大きさで自動表示されるのは便利かも。

若干挙動がヘンなところもある。
例えばAdvancedTaskManagerを起動しようとすると、勝手に落ちてブート画面からやり直しになったり、ナゼかRememberTheMilkのWidgetがエラーで置けなかったりなど。
まぁそんなに致命的ではないけど。
(2010/1/12追記)
1.5の場合、上記のAdvanced Task Managerに限らず、TaskKiller Fullとか、タスクマネージャー系を起動するとリブートする問題があった。
これについては1.5.1に上書きアップデートすることで解消した。
RTMのWidgetは1.5.1でも相変わらずダメだが、ダメなのは3×3のヤツだけで、2×2のはOKだ

とりあえずそんな感じで、EclairというかNexusの安定したROMが出るまでは、しばらくコレで行こうと思う。

posted by 196 at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile はてなブックマーク - カスタムROM「SuperD 1.5」を試す


2009年12月11日

「Speech2Tweet」と「江戸です」

数日前にGoogleの音声検索が日本語に対応したことをエントリしたばかり(HT-03A:Google音声検索キター!)だが、早速これを利用した画期的なアプリが2つも出てきた。

Googleの発表が12/7だったから、たった4日でこういう展開になったということになる。
このスピード感がAndroidだなぁと思う。
やっぱり「INTENTでアプリ間連携ができる」「審査・承認プロセスが無い」「野良アプリがインストールできる」ということが非常に大きいのかなぁと。
あと、開発者の方スゴすぎですよと。

Speech2Tweet

s2t00
これはADC2入賞アプリのみんな大好き「FxCamera」の作者さん(ymstさん)によるアプリで、既にAndroid Marketで公開されている。
使用にあたっては当然Googleの「音声検索アプリ」が必要。
また、僕のようにカスタムROMのDwangみたいなのを使ってる人は、Speech2Tweetを起動すると「ロケールが違います!」と赤字で表示される場合があるので、MoreLocale2を使った前準備が必要。
この辺は、起動した画面に詳しく書いているし、親切なことに必要なアプリのMarketリンクまであるので、非常に助かる。

s2t02 s2t03
ちなみにMoreLocale2では、最初から表示されている中の「Japanese」を選択してもダメで、menuボタンを押して「独自ロケールの設定」を選択し、出てきたダイアログで上のように入力する必要がある。
これをやってから、Speech2Tweetに戻るとアラートが消えてるハズ。

s2t01 s2t04
で、改めて起動画面から「スタート」をタップ。
すると例の「お話しください」のダイアログが出るので喋る。
「大きな声で元気よく!」という作者さんのメッセージに笑った。

s2t06 s2t07
s2t08
結果がGoogleサーバーから帰ってくると、認識した内容をポップアップした直後、これを投げるアプリを選択する画面が出る。
ポップアップを見て認識間違いの場合はキャンセルしてやり直せば良い。
認識内容が合っていれば、あとはTwitterのクライアントアプリを選べば、#speech2tweetというハッシュタグ付きで投稿欄に反映されるので、あとは送信するだけ。
非常にシンプルです。

どれくらい認識してくれるかは、上記のハッシュタグでいろんな人がつぶやいてるので見てみるのが一番早いかと。
2〜3単語の文章くらいまでなら結構イケる感じがした。
「XXなう」とか「おはようございます」の挨拶とかは余裕。

iPhoneでも「しゃべったー」という音声認識Twitterアプリが出ているが、どれくらい精度の違いがあるのか、ちょっと興味があるなぁ。
(残念ながら僕のiPod Touchでは「しゃべったー」を使えない・・・)

simejiのマッシュルームアプリ「江戸です」

edo00 edo01
もう一つが、simejiのマッシュルームとして、こちらのサイトで公開されている「江戸です」。
不思議なアプリ名だが、これも強烈に便利だ。
起動方法は通常のマッシュルームアプリと同じ。
simejiキーボード左上のマッシュルームボタンから。

edo02 edo03
あとは例の「お話しください」のダイアログが出るので喋る。
認識が帰ってくると自動的にsimejiで入力しようとしていたところに入る。
以上。これも極めてシンプル。

これが有用だなぁと思うのは、simejiも使っているOpenWnnが人名や地名等の固有名詞にあまり強くないから。一方で、Google音声認識はこうした固有名詞に強いのだ。
例えば上の例のように「長万部」といれようとして「おしゃまんべ」で変換してもOpenWnnだと変換できない。でも「江戸です」経由だとしっかり認識して入力できちゃうと言うわけだ。
Google音声検索で検索可能な範囲については、「今度は「Google音声検索」でGoogle先生に戦いを挑んでみた (ITmedia)」でかなりの挑戦を試みてるのが参考になるかも。


こうやってスゴいスピード感で利便性が拡張されていくAndroidはやっぱり面白いなぁ。
などと改めて思う今日この頃であります。
posted by 196 at 20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile はてなブックマーク - 「Speech2Tweet」と「江戸です」


2009年12月10日

HT-03A購入から5ヶ月経った

Androids
HT-03Aを7/10の発売日にGETして、今日でちょうど5ヶ月が経った。
購入後まもなく「HT-03A購入から5日たって」という簡単なレビューを書いたが、5日の次は5ヶ月でしょーということで、現時点の感想でも改めて書いてみようかなぁなどと思い立った次第。
(5週間後というタイミングは完全に忘れてましたw)

なお、前回の「5日後レビュー」と今回とで違うのは、root権限を取ってベースのソフトウェア自体をドコモ純正じゃなくしているという所。
そういう意味では一般的な感想にはならない可能性があったり、純正iPhoneと比較するのはアンフェアだったりする面があるので、そういう前提で見て頂ければと思います。

総括的に言うと・・・

長くなるとアレなので、最初に総括的な感想を書いておこうと思う。
いきなり、このエントリ自体の存在意義をぶっ壊すような感想になってしまうのだが、全体的に言うと「5日後レビュー」で書いたこととほとんど変わらなかったりする。
要するに「買って良かった。将来の可能性を強く感じる。ただ普通の人には薦めない(「待ち」でOK)」ということ。ホント、前回と同じだ。

ただ追加で少し言うとしたら「新しもの好きの自分には楽しすぎる!」「前回”悪い点”として挙げたことがかなり解消されて満足度は相当上がってる」という感じかな。
もちろん、前回”良い点”として挙げたところは変わっていない。
 
続きを読む
posted by 196 at 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile はてなブックマーク - HT-03A購入から5ヶ月経った


2009年12月09日

HT-03A:Google Maps 3.3.0

maps01
Google Mapsアプリの新しいバージョン(3.3.0)が日本のマーケットでも昨日からダウンロードできるようになったので、早速試してみた。
今回の目玉機能は「レイヤ」機能と「Labs」機能だ。
ちなみに話題のナビゲーションはまだ使えない。
そういえば今までこのブログ上でMapsアプリについては何も書いていなかったので、少し詳しめに紹介してみようかと。

なお、僕が使っているカスタムROMの「Dwang v1.13」に同梱されているMapsアプリでも既にレイヤ機能は使えていたのだが、Labs機能は無かったので、Dwangな人もアップデートする意味はある。

maps02
起動するとこんな感じ。
まぁ普通のGoogle Mapsですね。
「menu」ボタンを押すと、今回の目玉機能である「レイヤ」メニューにアクセスできる。Latitudeもレイヤの一つという位置づけだが、menuからも直接アクセスできるようになっている。

maps05 maps06
レイヤ機能では、デフォルトで「航空写真」「渋滞状況」「Latitude」というようなレイヤを選択可能だが、なんと言っても便利だと個人的に思うのは、「その他のレイヤ」からアクセスできる「マイマップ」である。
これはPC上のGoogle Mapで作成したマイマップのポイントを読み込める機能。
出かける前にPCでお出かけ先をマイマップに登録しておけば、出先でサクっとそのポイントを呼び出すことが可能。これが超絶便利。
なお、Google謹製の「My Maps Editor」アプリを使えば、Android上でもマイマップを作成したり編集できたりもする(あまり使わないけど・・・)。

maps07 maps08
マイマップ一覧から見たい場所を選択すると、その場所にピンが立って地図がフォーカスされる。ピンをクリックすると、右画像のようなメニューが表示される。
その場所までの経路を検索したり、ストリートビューを見ることが可能。

maps09 maps10
例えば経路の検索を選択すると左の画像のようになる。
クルマなのか電車なのか歩行なのかを選択して実行すると経路が表示される。例えばクルマを選択すると右のような結果になる。
この状態では必ずしも使いやすいとは思わないが、ここまで出来ていればナビゲーションの実現まではもうあと僅かじゃないかなと。

maps03 maps04
Latitudeのレイヤを選択すると、ポンっと自分のアイコンが表示される。
当然、Latitudeに登録されている友達の情報も得ることができる。位置情報ダダ漏れなので、信頼できる人としか使えないが、便利な人には便利かな?
(個人的にはあまり活用できるシチュエーションが無いが)
ちなみにLatitude上では友人とチャットしたりもできる。

maps12 maps13
menuの「More」から「Labs」というメニューを選ぶと、Labs機能の追加ができる。「スケールバー」「地形レイヤ」「人気のあるカテゴリ」「レイヤボタン」「コンパスの矢印」の5つ。
全部追加しちゃって何の問題も無い。
特に「コンパスの矢印」「レイヤボタン」は便利だと思う。

maps14
「コンパスの矢印」はこんな感じ。
至ってシンプルだけど、やっぱりあると便利。
やっと地図上で電子コンパスを活用できるようになった。
iPhoneのMapアプリみたいにヘッドアップしてくれるとより良いんだけど…。
ちなみに上の画像では「スケールバー」「レイヤボタン」のLabs機能も表示されている。

maps15
Labsで追加した「地形レイヤ」を表示するとこんな感じ。
…イマイチ使いどころが分かりません。


今回加わったレイヤ機能とか、前回加わったLatitude機能なんかはiPhoneのMapアプリではできないことで、Androidのメリットを生かせる部分だ。
特に「マイマップ」が使えるのは非常に便利だと思う。
でも、ヘッドアップ機能とか、そもそもの見た目なんかはiPhoneの方が良い感じ。
両方が合体すると最高なんだけどなぁ。

次のバージョンアップはいよいよナビゲーションかな?
現状でも十分すぎるほどに便利なMapsアプリだけど、ナビが来たら本当にキラーアプリの一つになると思うので、今から楽しみだ。

posted by 196 at 11:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile はてなブックマーク - HT-03A:Google Maps 3.3.0


2009年12月08日

HT-03A:Google Gogglesを試した

昨日の音声検索に続き、Google大先生のターンはまだまだ続行中。
発表されたばかりのGoogle Gogglesは、調べたいものの写真をパシャっと取ると、画像の中の情報を解析して検索結果を表示してくれるという、なんとも未来的な検索サービス。
今までの検索は調べたい物の名前を知らないと調べられなかったが、Gogglesならそれが何か分からなくても目に見えていれば調べられるというワケで、今まで多分いろんな人が実現しようとしてきたものが、ついにGoogle先生の手で実現したということのようだ。
【関連リンク】ゴーグルをかけて携帯画像検索―Google Goggle、ローンチ
【関連リンク】速報ビデオ:Google Gogglesライブ動作中
TechCrunchより)

goggles00
で、現時点でこれを体験できるのはAndroid携帯のみらしい。
ここはAndroidユーザーの特権発動するしかないでしょうということで、早速Android Marketでアプリを見つけ、インストール。

goggles01 goggles02
goggles03 goggles04
で、起動すると簡単な解説が表示される。
本とかDVD、ランドマーク、ロゴ、バーコード、テキスト等が検索できるらしい。
動物や家具、アパレル製品は苦手だそうだ。

goggles07

ということで、まずはMacBookのAppleのロゴを撮影。
これはお題としてはちょっと易しすぎるだろ。
撮影すると、「Analyzing...」と表示され、ブルーのレーザーみたいなものが画面を2往復くらいして画像解析を始める。上の写真を見ると分かるように、輪郭の検出をしている模様。
時間的には5-10秒くらいだろうか。
で、これが終わるとおもむろに検索結果が表示されるワケだが、なんとAppleロゴは検索ヒットなしという結果に。

goggles06

じゃあ次はMacBook全体を撮影したら?
「MacBook」と出てくるのか、「ノートPC」と出てくるのか?
→ 壁紙が画像アーカイブの中にあったよ!という結果に

goggles08

んじゃ、バーコードはどうだ?と、読み終わったばかりの「iPhone情報整理術」のバーコードをパシャっと撮影。

goggles09

結果は昨夜僕がAndroidの「読んだ4アプリ」からTwitterにつぶやいた読書記録だった。
(「ツイッター 140文字が世界を変える」のいしたにさんも「読んだ4」につぶやいてる!)

うーん、なんかズレた検索結果じゃないっスか?
他にもMarlboroの箱とか、Googleのロゴ(ただし今日のポパイ仕様)とか、ペットボトルのお茶のロゴとかで試してみたが、どれに対しても望むような検索結果は帰ってこなかった。

ということで、屋内でちょっと試した限りでは、現時点あまりレレバントじゃない感じ。
まぁLabs状態なので当然だけど。
次は屋外でもちょっと試してみたい。

ちなみにAR機能もあるとか言われてるけど、なんか良く分からなかった。
これも屋外でもう一回試してみよう。
「セカイカメラ死亡」とか言うTweetも見かけたけど、多分そういうレベルのものじゃなさそう。
(セカイカメラ使ったことないけどw)

今回ちょっと使った限りではあまり良い結果にならなかったけど、Gogglesのこのコンセプトは素晴らしいと思っている。
昨日の音声検索もそうだけど、携帯から「文字入力なし」で検索ができるってのは、デジタルデバイドを埋めて多くの層に検索の利便性を提供できる素晴らしい試みだと思うので、Gogglesの今後の進化には大注目・期待したいなぁ。

posted by 196 at 11:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile はてなブックマーク - HT-03A:Google Gogglesを試した


2009年12月07日

HT-03A:Google音声検索キター!


12月に入ってからGoogle先生のターンが続きまくってる。
CM大量放映、Google日本語入力、DNSサービス…。
そして今日は日本語での音声検索対応が発表された。
→ Google Japan Blog 「音声でGoogle検索

g-onsei00
Androidで使うには、まずAndroid Marketから「Google音声検索」アプリをインストール。その後、HOMEに検索ウィジェットを表示してる人はマイクのボタンをタップ。ウィジェットを表示していない人も「検索キー」を長押しすることで、音声検索が可能となる。

g-onsei01 g-onsei02
「お話ください」のところで検索したい言葉を話すだけ。
音声をサーバーに送って解析し、解析が終了すると勝手にブラウザが立ち上がって検索結果を表示してくれる。
色々と使ってみたが、音声認識の精度はかなり高そうで、少し意識してハッキリ喋れば体感で8割〜9割くらいの精度で検索ができる。

g-onsei03 g-onsei04
利用シーンは上の動画で色々と紹介されているが、特に個人的に気に入ったのは、乗換案内の結果がすぐに得られること。これで乗換案内のアプリを使う頻度がかなり少なくなりそうだ。
あとは「XXとは」とか「XX ウィキ」と喋ることで辞書的に使えるのも気に入っている。

ちなみに僕が使っているDwang v1.13だとできなかったのだが、ドコモ標準ROMの人は、GoogleマップとかYouTubeアプリ上での検索でも音声検索ができるようだ。
(Dwangのアプリが米国標準の新しいヤツだから未対応とういことか?日本語ロケールじゃないからか?詳細は不明だが…残念)

あとは街中で音声検索をする時のこっ恥ずかしさの克服が課題か?
でも上の動画みたいに、電話をしてるような感じでやれば結構いけるかも。
っつーか、恥ずかしさよりも利便性が上回ってる感じ。

Android携帯はどんどん便利になるなぁ。
(iPhoneでもアプリ起動すればできるらしいけど)
posted by 196 at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile はてなブックマーク - HT-03A:Google音声検索キター!


2009年11月07日

今更発見したアプリの機能達

たまにはAndroidアプリのネタでも。
といっても、大半の人には役に立たないネタです。
ナゼかずっと気づかずに、つい最近発見したアプリの機能を紹介。

NewsRob

言わずとしれたGoogle Readerクライトアンの大御所。
7月にHT-03Aを入手した時点で既にマーケットにあったアプリ。
でも、個人的にイマイチ使い辛かった。
どこがというと、RSSで全文を配信していないサイトで全文を見ようとする時に、ブラウザを開かないと見られない(と思い込んでいた)こと。

HT-03Aって妙にブラウザが重いので、ブラウザをわざわざ開くのなら、最初からGoogleのサイトでReaderを読めばいいじゃんとか思って、ほとんど使っていなかったのだ。
(あ、ちなみにWEBページごとダウンロードできる機能があるのは知ってたけど、頻繁に文字化けするし、同期に時間がかかるから使ってなかった)
そんな中、ひょんなことから発見してしまった機能。

NewsRob1 NewsRob2
そう、RSSが途中で切れていた場合は、上部のタイトル部分(灰色の部分)をタップすると、アプリ内でちゃんとページを読み込んでくれるのだった。
文字化けも無し。
まぁオンラインであることが条件にはなるけど、アプリ内で完結するので非常にスピーディーだし便利。この機能を知ってからはこのアプリでRSSチェックするようになった。
やっぱり重いブラウザでGoogleのサイトをウロウロするよりはかなり早い。

ちなみに、アプリの機能というワケではないのだが、「iPhoneのパケットを節約しながらRSS全文を読む方法」シゴタノ!さん)を参考にして、「まるごとRSS」を使ってRSSをできるだけ全文表示にしてやると、直接WEBページを見に行く頻度をかなり低くできて更に便利。
同期内容がFeed Contentだけで良いので同期時間も短くて済む=バッテリーにも優しい。
これスゴクおすすめ。

IMoNi

これまた言わずとしれたiモードメール・アプリ。
これは作者さんのブログで知ったのだが、メール本文の文字の大きさを簡単に変更することができる。

Imoni_SmallTxt  Imoni_LargeTxt
単にこれだけなんだけど、この機能を知った時は妙に感動した。
というか、このアプリには感動させられっぱなしだった。

その他


以下はホントに小ネタなんでまとめて。
Tuboroid Norikae3
左の画面は2chリーダーの「Tuboroid」。
これは隠し機能というワケではないんだけど、このアプリは設定内容とかログが全部SDカードに保存される。
だからROMを入替えても、マーケットからダウンロードするだけで、ブックマークしてた板とかスレなど、以前と全く同じ環境を即座に復活できる。
2chリーダーは「anちゃん」→「アンドロモナー」とメインを変更してきたけど、上記の機能を知ってからはずっと「Tuboroid」だ。画面の見やすさとか全体的な使い勝手も非常に良いと思う。
(欲を言えば、●対応と、音量キースクロールに対応してくれると最強かな)

右の画面はジョルダンの「乗換案内」。
ずっとカスタムROMでは検索エラーになって使えなかったのだが、どっかのアップデートのタイミング(多分Donut対応をしたタイミング)から使えるようになっている。
基本的に完成度の高いアプリなので、全機能が使えるとやっぱり便利だ。

drocap1  drocap2
最後はこれもおなじみdrocap。
HT-03A単体でスクリーンショットを撮れるアプリだ。
ADC2でも無事に1stステージをクリアしたらしい。
以前は特殊な方法でADCアプリをダウンロードする形でしか使えず、かつDonutに対応していなかった。が、これも気づくとMarketに「drocap2」としてアップされてた!
ちゃんとDonut環境で使えてます!これも神アプリだよなぁ。

ちなみに、検索の際に「drocap」だと引っ掛からないので、ちゃんと「drocap2」で検索しよう。
(それにしても、Marketの検索のショボさはGoogleクオリティじゃないよなぁ。あれ、どうにかならんものかなぁ)

ということで、多分みんな知ってるんだけど、何故か個人的に最近感動したアプリ事情でした。
posted by 196 at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(1) | Mobile はてなブックマーク - 今更発見したアプリの機能達


2009年11月06日

Rachael発表の雑感

XperiaX10-1
11/3にRachael(正式名称:XPERIA X10)が発表された。
既に色々なところで情報が出ているので激しく今更ではあるのだが、自分なりの所感など。

以前のエントリのとおり、僕自身この端末にはかなり期待していた。他にも期待していた人はかなり多いようで、前日あたりから、僕のTwitterのTL(Android色が異常に強いTLだが)はRachael関係のTweetが満載だった。
で、発表当日。
Engadgetに掲載された実機の動画があまりにも「モッサリ」していたことで、TLは一気に物凄い「ガッカリ」感に包まれた。
僕も正直かなり落胆した。
まぁ、普段Androidを使っている身として、いくらハードウェア性能が上がったとはいえ、本当にリークされてた動画のようなワンダフルなUIが実現できるのかなぁと多少懐疑的だったので、「やっぱり」という思いもあった。
なんにせよ、ちょっと期待感を高めすぎていた分、現在は結構冷静な目でこの端末を見られるようになったのは確かだ。

とりあえずは「あれは突貫工事で1台だけ作ったデモ機で完成度はまだまだ低い」というソニエリの主張もあるようだし、来年前半とされる発売までにはまだまだ時間もあるので、今後の開発の進捗に期待したい。
現有の機能でできることにとらわれず、高い目標を自ら設定して開発している姿勢は評価できる、かもしれないし(ちょっと目標が高すぎたんじゃないのという気もするが)。

もしダメなまま出てきたら、正式名称の「XPERIA X10」を「ペケペリア バッテン」と呼んであげよう。

続きを読む
posted by 196 at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile はてなブックマーク - Rachael発表の雑感


2009年11月02日

いよいよ明日!Rachael発表


11/3に何かの発表があるというソニエリのティーザーサイトが出現し、これがコードネーム「Rachael」というAndroid携帯の発表だろうと言われているのは、既にご存じの方も多いところだろう。
気づいたら、そのサイトで正式な動画も公開されており、やっぱりRachaelの発表なんだなというのが確実になった。
(Rachaelなら黒がいいなぁと思ってたが白もなかなか…)

更に、気づいたら新しいUIの動画も・・・。

これ、本当にAndroidなんっすか?
ここまでできてるならもうiPodTouchいらないかも。

で、問題は11/10のドコモの新機種発表で、これが国内発売されることになるかどうか。そしてドコモからこれが発売されたら、HT-03Aユーザーの自分はどうするか。

うーん、悩む。
と言いたいとこだが、本当の気持ちは「もう買うしか」である。
発売当初に比べればAndroidの環境は今のHT-03Aでもかなり快適で満足度が上がってきているが、やはりハード面でのスペックがもう少し高かったらなぁと思う部分があるのと、やはりガジェットとしてRachaelの方がかなり愛せそうというところ。
あとは、これを買っとけばあと最低でも1年は使えるだろうということ。元々HT-03Aを2年使うつもりはなかったこと。
ということで、国内発売されたら多分買うことになるだろう。

ちなみに、日本のAndroid普及シナリオは4段階くらいあると勝手に予想している。
現在は1stフェーズ。端末は言うまでもなくHT-03Aしかない。何としてもAndroidを使ってみたいというような物好き向けで、当然ながら万人にはオススメできない。普通の人にはiPhoneを断然オススメ。

でもこの11月くらいから日本でもグローバルでも2ndフェーズに移行しつつある気がする。各メーカーからAndroid端末が続々と登場。で、Verizonの「Droid」とか今回のソニエリの「Rachael」のように、ハードのスペックが大幅に強化。このフェーズでは少なくともガジェット好きには相当オススメできそうだし、普通の人でもiPhone3GSを検討しているような人の選択肢には入れてもらってもおかしくない。

で、次は3キャリア全部からAndroid端末が登場する3rdフェーズ。これは来年の夏頃だろうか。auがかなり遅れそうな気もするが。ただしこの時の端末はまだ海外製。iモードやおサイフの対応は無し。
最終普及フェーズの4thフェーズで、やっと国産メーカーからAndroid端末登場。iモードやおサイフ・ワンセグ等にも対応でき、ドコモで言えばやっとPROシリーズ以外のシリーズでも展開。これは来年終わり頃から再来年くらいか?

という勝手な僕の予測でいうと、Rachaelは2ndフェーズを代表するエポックメイキングな端末の一つになるハズであり、またこれを買っておけば、次の買い換えは3rdフェーズをすっ飛ばして、4thフェーズの国産Android携帯登場までゆっくり待てば良いワケだ。
やっぱ買うしかないよなぁ。

ということで、じゃあ買うとして「2回線目」として買うのが良いのか、HT-03Aの違約金を支払ってでも1回線での運用を続けるのかあたりを早々に検討しないとなぁ。
HT-03Aの違約金が月あたり1260円なので、それを下回る金額でもう1回線を運用できるなら、多分2回線目で買うと思うけど。今回新たに発表されたメールし放題な料金プランあたりとうまく組み合わせて、iモードメールやおサイフと両立する2回線体制を作れるなら、少し金額が違約金の部分より高くなっても意味はあるかなぁとか。

この辺りの検討結果は、また今後ブログに書いてみたい。

ちなみにRachaelを購入したらHT-03Aはどうしようか。
さすがに愛着も湧いてきているので、オークション行きはちょっと寂しい。貴重なRooted Android端末として、様々な実験用オモチャとして今後も末永く活躍してもらうんだろうなぁ。

posted by 196 at 03:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile はてなブックマーク - いよいよ明日!Rachael発表


2009年10月27日

近況:ドーナツ受入"拒否"体制

WS000165
ブログの更新をしばらくサボってたが、そんな間でも、Android界隈は相変わらず日々話題が出てきていて飽きない。
続々と発表される新端末の話題は期待感と物欲を非常に刺激してくれているし。
が、やはり一番大きな話題は、やっぱりドコモ公式のAndroid 1.6(Donut)へのOSアップデート提供(及びそれに伴う有料アプリ解禁)だろう。

アメリカのT-Mobileが10/1早々に1.6アップデート提供を発表したのに、一向にドコモからアナウンスが来なかったこともあって、2ch等のHT-03Aコミュニティ界隈では「やっぱりドコモはアップデートしないんだ・・・」的な諦めムードも漂ってた感じだったが、まずはドコモがちゃんと対応してくれたことで一安心というところだ。
アップデートで端末が最新機能をGETすることと「端末売り」ビジネスとの相性の悪さゆえに、端末メーカーに配慮してドコモがアップデートを放置するんじゃないかと、実は個人的にはかなり危惧していたのだが、杞憂で良かった。
今後もこの調子でしっかりアップデートをしてくれれば、HT-03Aも(ハードとしての限界はあるにせよ)常に最新のAndroidの機能を獲得できるわけで、これってガラケーの世界から考えるとかなり画期的なことじゃないかと思う。

僕のPS3やiPod Touchも2年以上前の初代機だが、アップデートにより大幅な機能強化を受けられているので、現在も陳腐化せずに現役としてバリバリ活躍している。HT-03Aもこうした機器の仲間入りでずっと使っていける端末になるというのは素晴らしいことだ。
今後もドコモによりしっかりとしたアップデートを期待したい。

また、iPod TouchやiPhoneと違って、AndroidのアップデートはOTAで行われるというのも、なんか新鮮。
Androidの美点として「PCという母艦が不要」ということがあると思っているのだが、これもまさにそれを象徴している気がする。
まぁ、OTAの場合は「ユーザーが好きな時にアップデートする」ということが難しいというデメリット(?)も一応ある。特に、今回のアップデートが約1週間にわたって段階的に行われるということもあって(これはリスクヘッジとして当然のやり方だろう)、ユーザーの間では「キター」だの「コネー」だので大騒ぎだったりするのだが、個人的にはそれもまたなんか「お祭り感」があって楽しいな、と。

続きを読む
posted by 196 at 23:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | Mobile はてなブックマーク - 近況:ドーナツ受入


2009年10月07日

Androids Around2が面白い

HT-03Aを購入して間もなく3ヶ月になろうとしているが、未だに自分以外のHT-03Aユーザーに出会ったことが無い。
Twitterなんかではかなりユーザーを見つけられるのだが、リアルであまりにも見ないので、Androidユーザーなんて自分くらいしかいないのではないかというぐらいの勢いで寂しくなる。

というAndroidな人に安心感を与えてくれるのが「Androids Around2」というアプリ。周りにどのくらいAndroidユーザーがいるのかをGoogleマップ上に表示してくれる。
(正確にはAndroidユーザーでこのアプリをインストールして起動したことのあるユーザーを表示してくれるので、実際のAndroidユーザーよりはかなり少ないハズではある)

AA20 AA21
早速試してみる。
起動して自分の情報を入力してSaveすると、おもむろに世界地図と各地域毎のAndroidな人の数が表示される。
やっぱりアメリカ>ヨーロッパ>アジアって感じですな。
まぁ中国のoPhoneの影響で今後はアジアが大爆発するかも?
でどんどん地図を拡大して日本を表示すると右のような感じに。
予想どおり首都圏に集中か?

AA24 AA23
更に地図を拡大していく。
一極集中だけど、東京にはかなりのAndroidな人がいる!ということが分かる(逆にちょっと離れるとヒジョーにまばらということもw)。特に山手線の内側にはかなり存在してる感じ。
うーん、こんなにいるのに、なんで出会わないんだろう。
ちなみに表示されてるドロイド君をタップすれば、その人の情報を見ることが出来る(ちょっとタップへの反応が悪すぎて使いにくいのだが)。
サイトやTwitterでいつもお世話になっている方の家が非常に近いことを発見できたり…。まだ狭いコミュニティですなぁ。

AA22 AA25
調子に乗って拡大していくと、ある縮尺以降では表示されなくなってしまう(左)。GPSベースで表示しているので、あまりに詳細に表示するとプライベートがダダ漏れになってしまうことに配慮してあるのだろう。
ちなみに東日本は(右)画像のような感じ。
1県に1人なんてところも散見される・・・。頑張れAndroid!!

とりあえず定期的に起動してみていけば、日本や世界のAndroidの普及状況が分かるので面白いんじゃないかなと。

 
posted by 196 at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(1) | Mobile はてなブックマーク - Androids Around2が面白い


2009年10月06日

Google版の乗換案内が登場

transport0 transport2
今日のGoogleブログで、乗換案内のウェブアプリが発表された。
「iPhone の Safari ブラウザで、先進の乗換ウェブアプリを」

transport1 transport3
一応、発表では「Safari向け」でiPhoneで使うことが前提のように書かれているが、実はSafariと同じWebKitベースのブラウザを持つAndroidでもほぼ同じように使うことができる。
というか、GoogleがAndroidに言及せずにiPhoneでしか使えないような書き方にするのは何でだろう?と思ってしまうのだが・・・。

transport4 transport5
一応、Googleのブログで書かれている使い方は一通り試してみたが、Androidでも全く問題なく使えた。
一つだけ、地図表示の拡大・縮小ができない点が劣るところか(手持のiPod Touchで試したところ、Safariではマルチタッチでの拡大・縮小が可能だった)。
検索結果なども非常に見やすく、地図とも連動しているということで便利に使えるサービスだと思う。

続きを読む
posted by 196 at 00:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | Mobile はてなブックマーク - Google版の乗換案内が登場


2009年10月05日

iモードをやめます

おれはiモードをやめるぞ!ドコモーーーッ!!(DIO風に)

ドコモのスマホ対応への不満をぶちまけた前回の記事が当ブログ史上最高のアクセス(といっても知れてるけど・・・)をいただいているが、あのエントリを書いた後も色々と考えた。

ドコモの対応もクソなんだけど、結局キャリア推奨の「2台持ち」をしないで、スマホ1台でiモードメールまで使おうなんていう自分が単に贅沢なのかもしれないなぁとか。
で、HT-03Aユーザーのフォロワーが多いTwitterにつぶやいても、「iモードメールいらない」とか「Gmailで割り切ればスッキリ」という声も多く、単に自分が割り切れてないだけなのかなぁとの意識が強くなってきた。
そういう割切りができないでAndroid使ってるのが悪いんだと。

iモードはサービス開始早々に初号機のN501iをGETして、メルアドが「電話番号@docomo.ne.jp」だった頃から使っており、任意のアドレスが取れるようになった日は早朝に起きてアドレスをゲットしたりしたもので、なんとなく思い入れは自分なりにある。
そうしてゲットした極めてシンプルなアドレスは、それが故に異常とも言えるほど送られてくる迷惑メールの思い出とともに、何となく別れづらくもあったりする。
同じ名前の野球選手宛の真剣なメール(ラブレター?)が間違って届いたりとかいう事件もあったなぁ。

まぁしかしiモードもサービス開始10年で、クローズドなサービスとしての限界も見えつつある気がするし、このままドコモがクローズドな世界に閉じこもって今みたいなスマホ対応を続けると、ユーザーとしては前回のエントリに書いたようなイライラを感じ続けなきゃいけないワケで、なんか「潮時かな」という気がし始めた。

GmailだとPCメール拒否の人に届かなくて、そういう人に連絡するにはiモードメールしか手立てが無いというのが大きな問題としては残るが、自分の場合はそれも親戚系の数人程度なので、ホントに大事な場合は電話すりゃいいし。
10代・20代だとコンパだなんだと連絡先交換の場も多いけど、もうそういう華やかなものとは無縁のオッサンになってしまったので、実はよく考えるとiモードメールが使えない障害はあんまり無かったりする。

ということで、間もなくiモード契約は解除します。
これで年間6000円は節約できる。

いざiモード契約無くなると、キャリアを変えることに全く抵抗が無くなりそうだなぁ。
これからは良い端末が出たキャリアに都度乗り換えるのもいいかもなぁなんて。

あと、「新着i」や「IMoNi」にはホントお世話になった。
感謝感謝。

 
posted by 196 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile はてなブックマーク - iモードをやめます


2009年10月02日

ドコモのモバイルアプリがクソらしい

前々から出る出ると言われていた、T-01A用のドコモ純正のモバイルアプリが本日正式に登場した模様。
モバイルアプリとは(ドコモ公式)

要するに「iモード.net」にブラウザで直接アクセスしなくても、このアプリを入れておけば自動的に「iモード.net」のサーバーと同期してiモードメールを取ってきますよ、というアプリである。
Androidで言えば我らがIMoNiと同じだ。
まぁ何というか、「やっと来たかぁ」という感じである。

もちろんIMoNi同様、iモードメールの送信もできるようだし、絵文字も使えるらしい。
少しIMoniと違うのは、「iモード.net」のサーバーとの同期がちゃんとできていて、受信が「プッシュ」であるらしいこと。それから、端末側でメールを削除すると「iモード.net」からもメールは削除されるとかいうあたり。
更にデコメも作成・送付可能らしい。
「プッシュ」の真偽はHT-03Aユーザーの僕には分からないが、本当ならIMoNiのように定期的にポーリングしなくてすむので、当然即時性があるし、バッテリーにも優しく、非常に歓迎すべき機能改善だ。

また、従来はスマートフォンからは対応できていなかった「添付ファイルの送信」もモバイルアプリから送れるようになったらしい。
ひょっとしたらHT-03Aのブラウザ上でも添付できるのかと思って、すぐに確認しにいったが、残念ながらブラウザ上からは相変わらず添付ができないようだ。

まぁ何にせよ、ドコモがスマートフォン向けにiモードメール環境を改善したということ、これはドコモのスマートフォンユーザーとして素直に感謝したい。
ドコモ、Good Job!!
と持ち上げたところで、苦情モードに入っていいっスか?

続きを読む
posted by 196 at 02:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile はてなブックマーク - ドコモのモバイルアプリがクソらしい


2009年09月30日

Evernoteアプリのβ版が登場!

先日のRTMに続き、「Android始まったな」というアプリが登場。
EVERNOTEである。
まだβ版ということでMarketではなく野良アプリとして公開されている。
コチラからダウンロード可能。

Evernote0 Evernote9
で、早速使ってみたので、簡単に紹介。
起動するとおなじみの緑ベースにロゴが入ったログイン画面。
β版とはいえ、数多あるAndroidアプリっぽくない作り込みを予感させる。
で、ログインした後の基本の画面が右の画像。
(menuボタンを押した状態)


Evernote2 EvernoteIPOD2
ここで気づくのが、僕のiPod TouchのEVERNOTEアプリと少々違うぞということ。
iPod Touchのアプリだと「テキスト」と「カメラ」の2つのメニューしかないのに、Andoid版は「テキスト」「ファイル」「カメラ」「音声」の4つのメニューがある!
(ただしiPhoneアプリだと違うのかも?)
ちなみに左がAndroid版。右がiPod Touch版。

続きを読む
posted by 196 at 01:37 | Comment(1) | TrackBack(1) | Mobile はてなブックマーク - Evernoteアプリのβ版が登場!


2009年09月29日

nk02Mod 4.0.4 with BFSに移行

WS000156

HT-03Aの環境について、最近は「CyanogenMod 4.04」で満足していたのだが、久々にROMを入れ替えてみた。
試してみたのは「nk02Mod 4.0.4 with BFS」というもの。
基本的には「CyanogenMod 4.04」を改良したものらしく、既に安定性とかパフォーマンスについては各所で好評を博していたようだったので、一応「switchrom.sh」でバックアップを取ったが、結構安心して導入できた。
テーマは相変わらずHEROっぽいのを入れてみた。

アプリはなんか安定しないものも結構あったので、全部マーケットから入れ直したのが少々面倒だったが、その後は評判どおり極めて安定かつ高速で稼働しており、非常に快適。
ROM入れ替えももう4回や5回やってきているので、導入後の設定もサクサクっとできるようになってきた。
まぁ、基本的にどうしても必要な「Gmail」「カレンダー」「RTM」の3本柱はIDとパスワード入れるだけで立ち上がるので、ROMさえ安定していれば最低限必要な機能はすぐに使い始められるのがイイ。
設定にPCも必要ないし。
この辺がまさにAndroid+クラウドの強みだろう。

あと、アプリもmicroSDに設定を残すタイプのものは、従前の設定がそのまま使えたりするものもあって、非常にスムーズに移行できた。
面倒なのはFlickWnnのユーザー辞書とかLocaleの設定くらいかなぁ。

しばらくはROM入替えもお休み

ROM入替えによる移行が簡単なのがAndroidの長所とはいえ、これでしばらくはROM入替はお休みしようと思っている。
最近各所で話題になっている「CyanogenMod vs Google」の問題もあるし、この辺を様子見する必要がありそうだからだ。
基本的には「Gmail」や「Market」等のGoogleのアプリを同梱しないROMなら問題ないのかなぁと理解しているが、こういう問題が出てくると、HEROのROMなんて更にヤバそうだなぁ。

とりあえず、この辺の騒ぎが一段落して、Android1.6ベースの安定ROMが出てきたらまた考えますかねぇ〜。
posted by 196 at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile はてなブックマーク - nk02Mod 4.0.4 with BFSに移行


2009年09月16日

待望のAndroid版RTMアプリ!!

RTM0  RTM1

HT-03Aを使い始めて、Gmailやスケジュール管理には非常に満足していたのだが、大きな不満が「まともなRTM互換のToDoアプリが無い!!」ってことだった。
(RTM=「Remember The Milk」というオンラインToDo管理サービスのこと。一応)
いや、ToDoアプリそのものは結構あるんだけど、やっぱりAndroid使うならToDoだって当然クラウドにしたいワケで。
っていうか、もともとPCとiPodTouchでToDoをRTMにガンガン入れて使ってたので、今更ローカルアプリでToDo管理とかあり得ないワケで。

一応、RTM互換アプリも「Astrid」とか「RTM Tasks」とか一応あったんだけど、ユーザービリティが悪かったり見た目も悪かったり機能が低かったりと満足のいくものではなかった。

そんなこんなで、良いアプリが出ないものかと日々Marketを検索する毎日だったのだが・・・今日なんと本家純正アプリがMarketに颯爽と登場。
僕にとってはまさに待望のアプリ!
個人的にはこれで完全に「Android始まったな」っていうくらい嬉しいアプリの登場ということで、衝動的にブログエントリー。

あ、ちなみにこのアプリを使うためには年間$25の「PROアカウント」が必要。
僕はもうPROアカ2年目突入しているので無問題だったが、人によってはここで嫌になる人もいるかもね。
まぁたかだか月200円ですよ。
iモードで着メロサイトに登録するのに比べたらどんだけ安いか。

アプリの全体的な印象は、「かなりしっかりと作ってある」なぁという感じ。
さすが純正。
iPhone用の純正アプリと比べても機能的には遜色が無い。
むしろ、Androidならではの「バックグラウンド同期」や「充実した通知」ではiPhoneアプリを上回る。
「完了」「延期」の操作も一手間少なかったりする。
個人的には使っていないが、GPSとの連動機能も同様だ。
少し弱いとすれば日本語のローカライズくらいか(もちろん、日本語の表示に関しては問題ない)

続きを読む
posted by 196 at 03:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile はてなブックマーク - 待望のAndroid版RTMアプリ!!


2009年09月14日

ワケあってCM4.04に移行

WS000155

最初にJACxHEROSki-v1.6r2aというHEROのカスタムROMを入れて、「キレイだけど遅い」という評価だったのが、JACxHEROSkiv1.6r2 - MoDaCo custom Hero 1.51 mergeというROMに入れ替えることで飛躍的に改善したというのは以前に書いたとおり。

このHEROのROM、非常に気に入っていたのだが、2つだけ不満があった。
1つはブート画面がブっ壊れていてブラックスクリーンだったこと。HEROのブート画面はドロイド君がチョロチョロと動いて可愛らしくて気に入っていたので、これは残念だった。
もう1つはBluetoothのA2DPプロファイルがブっ壊れていて、音楽が聴けなかったこと。ちなみにこの問題については前回のエントリのとおり、このページからファイルをゲットして入れ替えることで解決できる。

で、残るブート画面の問題だが、ココの1.5.2でブート画面が修復できるというのを発見し、早速適用してみたところ、見事に修復ができた。
ところが、しばらくするとHOME画面に「hTc」ロゴが表示され続けて一向にアイコンが出てこないという不具合が頻繁に起こるようになり、実用に耐えないレベルになってしまった。
続く1.5.3も当ててみたが状況変わらず。
しかたなくWIPEして1.5.1を最初から入れてみるが、何故か同じ状況に。
ということで、お気に入り環境に復活できなくなってしまった。

結局、「お気に入りの安定環境に何かする場合は、ちゃんとnandroidをバックアップしておきましょうね」という至極当たり前の教訓を身をもって体験したという状態。

その後、一度バックアップしていたHT-03A標準環境にリストア。
root奪取後にバックアップしていたのにrootが取れていない状態で復活。
安心感はあるものの、遅すぎて使ってられない+HERO環境への未練を断ちがたく、再度1.5.1のインストールを試みるも状況変わらず。
それなら別のROMをということでMoDaCo 2.2(HERO環境)をインストールして無事に起動確認できるも、スピード面で1.5.1に全く及ばず不満大。

1252775429182  1252589945240

そんなこんなを繰り返した末、HEROのROMを諦め、多くの方から「鉄板」扱いされているCyanogenMod 4.04に変更。未練がましくテーマだけはCommunity Hero Mix Vers Cyan 4.0.4を入れた状況で現在に至っている。
さすがに評判の高いROMだけあって、HERO Romとは段違いのレスポンスが非常に快適。
iPhone持ってないから推測にすぎないが、多分iPhone3G→3GSになった位の違いがあるんじゃないかというレベル。
さすが鉄板。
見た目もテーマを適用した結果、そこそこHEROっぽいルックスになり、「これはこれでいいじゃん」ということで今に至っている。

とりあえず、ここに辿り着く過程で一体何回WIPEしてZIP適用したか分からない位作業し疲れ果ててしまったのと、この環境で設定等を作り上げてしまったので、しばらくはカスタムROMのお試しはお腹一杯という状態だ。

しかし、CyanogenModの4.1.7とか4.1.8がこれまた爆速というような話もあるので、安定報告が出てきたら移行しようかなぁと。
なんかHERO RomもBFSとかいうものを入れると結構サクサクになるという話も出ており、引続き注視はしていこうと思っている。
HEROだけでなくMotorolaのMOTOBLURとか、ソニエリのRachaelのROMとか出てきたら試さずにはいられなそうだし。
(さすがにRachaelは端末性能的に無理か)

ちなみに、いくつかのROMを試した結果、スピード面の印象は
CM4.04 >>> JacxModaco1.5.1merge >> 標準=Modaco2.2 >> Jacx1.6r2a
という感じ。あくまで感覚だけど。

posted by 196 at 23:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | Mobile はてなブックマーク - ワケあってCM4.04に移行


2009年09月06日

HEROのROM入替で劇的改善

前の記事でも書いたように、HEROのカスタムROMを入れてみたが、見た目とか使い勝手は気に入ったものの、パフォーマンス面でどうしても満足できない状態で、元に戻すか、他のROMを試すか・・・などとかなり迷っていた。

そんな中、いつもお世話になっている神サイト「コムギドットネット」さんの「HT-03AをHERO化した その2」という記事で、別のHEROのROMが結構快適との話を見て、早速追随してみた。

結論から言うと、これが同じHEROかというほどパフォーマンスが改善した。約1日使用してみたが、HOMEに戻る時に延々と待たされる問題は一度も発生しなかった。
ちなみに、HOMEにWidget12個とアイコン20個を置いてある状態で「待ち無し」なので、これは明らかにHT-03A純正よりも良いパフォーマンスだ。
一口にカスタムROMと言っても、これほど違うものなのかと驚く。

HOME戻り問題だけでなく、プロセスが応答無しになったり、FlickWnnの入力で異常に長く待たされたりというフラストレーションも全く無い。
ブラウザも明らかにHT-03Aより高いパフォーマンスで動作している。

ということで、現在異常に満足度の高い状態。
当面、他のカスタムROM等に手を出す必要も無いかな〜などと考えている。

ただ、HT-03を普通に使っている人も、このHEROのUI部分である「HTC Sense」がこの機種向けに作成中であり、今年の11月にも完成するというようなリリースがHTCから出ているので、期待して良いのではないかと思う(最終的に適用になるのかはドコモ次第?)。
Making Sense to Magic
HTC Magic users can soon experience HTC Sense on their Magic when a free upgrade is made available in November 2009. With the upgrade to HTC Sense, users will enjoy a more holistic mobile experience made available by HTC. Be sure to sign up as a HTC e-Club member to stay informed of the availability of the upgrade and be the one of the first to experience the new Sense.


あと、各所でAndroid Marketのアップデートが近くあるのではないかという情報が飛び交っており、これも非常に楽しみなところだ。



何というか・・・Android楽しすぐる。

posted by 196 at 02:51 | Comment(6) | TrackBack(0) | Mobile はてなブックマーク - HEROのROM入替で劇的改善